日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › ハイキュー! › ハイキュー!! 烏野高校VS白鳥沢学園高校 #9
2016-12-03 (Sat) 18:53

ハイキュー!! 烏野高校VS白鳥沢学園高校 #9

烏野と白鳥沢、お互いに一歩も譲らない終盤の攻防戦です!

烏野は白鳥沢にマッチポイントを取られて大ピンチです。そこにケガの治療を終えた月島が復帰しました。右手の小指は脱臼していたようですが、薬指と一緒にテーピングすることで何とかプレーすることができるようです。・・・でも、聴いただけでも痛そうだなあ。(^^;

月島が帰ってきたことで、烏野はさらに気合いが入りました。苦しい状況を跳ね返して、何とか再びジュースへとつなぎました。コートに復帰した月島は、ケガの治療の間もプレーのことしか考えていませんでした。どんな状況でも、試合への集中力は切らさない。すごい集中力ですね。

月島が復帰したことで、烏野のブロックは強化されました。さらに月島の動きには、これまで以上の鋭さが感じられるようになりました。そしてついに、烏野は逆に白鳥沢を追い詰めました。この状況に、白鳥沢の監督はタイムを要求しました。
両チームとも、5セットに渡る戦いで、すでに相当疲れ切っています。それでも意地と気合いで、限界を超えて試合を続けているのでした。

そして試合は両者一歩も譲らない、膠着状態に陥りました。あの牛島さえもサーブミスをしてしまうほど、疲れはたまっています。そして個人の能力の低さを、集団で補っている烏野はどの選手にも疲れがたまっています。そんな極限状態での攻防が、延々と続きます。

そして烏野の突破口となったのは、復帰した月島でした。これまでの月島は徹底して相手のボールを見てブロックしていましたが、ここへ来てそれくわえて相手の狙いを先読みする力も鋭さを増していました。こうして日向にチャンスが回ってきました。日向はこのバックアタックを決めて、烏野の勝利を決定することができるのでしょうか!?

本当に次回が待ち遠しくなる終わり方でしたね。
今回から烏野の鳥養コーチの声は、先日急逝された田中一成さんに代わって、江川央生さんが演じられていました。
正直、江川さんの声にはまだ慣れませんが、田中さんが演じられた最期のセリフが「下を向くんじゃねえ!バレーは常に上を向くスポーツだ」だったことには、胸が熱くなる思いです。(;_;)

最終更新日 : 2016-12-04

Comment







管理者にだけ表示を許可

Trackback


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
ハイキュー!! 烏野高校VS白鳥沢学園高校「第9話 バレー馬鹿たち」
ハイキュー!! 烏野高校VS白鳥沢学園高校「第9話 バレー馬鹿たち」に関するアニログです。 …
2016/12/05 22:38 anilog
あと一歩が遠過ぎる
Gremzキーワード:エコマーク! ざっくりざっくり~ 『亜人』 #22 邪魔してるのはあんたの方だろ 対亜は精鋭部隊なだけあって田中たちには有効でしたが、 佐藤には敵いませんでした@@; 圭たちは先回りして会長を人質(盾?)に取り、佐藤を眠らせたと思ったのに・... …
2016/12/04 16:59 マイ・シークレット・ガーデン vol.2
ハイキュー!! 烏野高校VS白鳥沢学園高校 第9話「バレー馬鹿たち」
第9話「バレー馬鹿たち」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ …
2016/12/03 19:22 Happy☆Lucky