日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › 読書 › 読書(その他) › 東大流 よみなおし日本史講義/山本 博文
2015-09-05 (Sat) 00:05

東大流 よみなおし日本史講義/山本 博文

東大流よみなおし日本史講義歴史は好きなのですが、昔から世界史は大好きなのに、日本史はちょっと苦手でした。何かとっつきやすい日本史の本はないかな〜と思っている時に、この本を見つけました。

この本は、Q&A方式で日本の歴史を古代から現代までたどっていきます。歴史は不変なものではなく、新しい資料の発見などによって、日々変化しています。テレビのクイズ番組などでそれは知っていましたが、この本のような形でまとめて読むのは初めてでした。

項目は一応年代順に並んでいますが、個々の内容は独立しているので、自分の興味がある部分だけ読むこともできます。
それぞれの内容は興味深いものが多かったですが、それぞれが独立しているために、歴史の流れがつかみにくい気がしました。もっとも、この本は初めて日本史について学ぶ人を対象とした本ではなく、既に日本史を学んだ人が解釈の見直された部分を学ぶ本なので、流れをつかむのは別の本を参照すべきなのでしょうが・・・。

この本では、各項目ごとに主な人名にふりがなが振ってあり、読みやすさが配慮されていました。日本史が苦手になった原因が、読み方がわからない人名が多いことだったので^^;、これはありがたかったです。とはいえ、ふりがなが振られているのは各セクションで一度だけなので、2度目にその名前が出てきた時には、すっかり読み方を忘れていることが何度もありましたけど。(^^;

最終更新日 : 2015-09-05

Comment







管理者にだけ表示を許可