日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › アルスラーン戦記 › アルスラーン戦記 #14
2015-07-14 (Tue) 00:09

アルスラーン戦記 #14

シンドゥラのお調子者王子・ラジェンドラの登場です。(^^;

パルスの混乱に乗じて、シンドゥラの第2王子・ラジェンドラがパルスに兵を向けました。これに対応するために、アルスラーンたちはペシャワール城塞から出陣することになったのでした。とはいえ、今回はアルスラーンはペシャワールでお留守番です。ダリューンやナルサスだけを働かせて、自分にできることがないことをアルスラーンは申し訳なく思ってしまうのでした。それは王としては優しすぎる考え方かもしれませんが、そんな優しさを持った者が王になった時のことを考えると将来が楽しみでもあります。

パルスに出陣してきたものの、ラジェンドラは第1王子であるガーデーヴィと王位を巡って争っていたのでした。パルス攻略という実績をあげて、ガーデーヴィとの実力の違いを明らかにする心づもりのようです。とはいえ、今回の出兵はナルサスに言わせれば3つの失策を犯していたのでした。

第1は、出兵の時期。南国のシンドゥラ兵にとって、冬の寒さの中を進軍したのでは本来の力を発揮できません。
そして第2は、彼らがパルスの地理に不案内だということです。それに対して、ナルサスたちはパルス国内のことなら知り抜いています。第3は、ラジェンドラが王位継承争いという火種を抱えていることです。それは兵士たちの心に、たやすく不安の炎を広げることになりました。

5万のシンドゥラ軍に対して、ナルサスは1万の兵で応戦します。少数の兵力で多数の兵力と戦うのは邪道ですが、今回は先ほどあげた3つの失策をラジェンドラが犯しているので、それで十分な勝機があるとナルサスは読んでいたのでした。そして、そんなナルサスの目論見は、ことごとく的中したのでした。

まずは、強行軍で疲れ切っているシンドゥラ軍にキシュワードが攻撃をかけます。さらに側面から、ダリューンに率いられた兵が襲いかかります。しかし、シンドゥラ軍の士気は高く、これだけでは軍を崩すことができません。そんな時、シンドゥラ軍は背後から攻撃を受けました。そこには、ラジェンドラと対立しているガーデーヴィの旗がありました。もちろんそれは、パルス軍の変装ですが、王位争いのことを知っている兵士たちの心を揺さぶるには十分でした。

こうしてシンドゥラ軍は、崩れました。その逃れる方角は、シンドゥラ軍の中に紛れ込んだエラムとアルフリードによって誘導されていました。そうしてシンドゥラ軍は、氷の張った湖に追い込まれたのでした。ラジェンドラがそれに気づいた時、氷が割れて兵たちの一部が湖へと落ちました。ラジェンドラは何とか難を逃れましたが、そこにはダリューンとナルサスが待っていました。

意外な剛勇ぶりを発揮して、ダリューンとナルサスを振り切ったかに見えたラジェンドラでしたが、待ち構えていたアルフリードの手に落ち、囚われの身となったのでした。こうしてラジェンドラは、ペシャワール城塞でアルスラーンと対面することになったのでした。

捕らえたラジェンドラを、アルスラーンは客人としてもてなしました。そしてアルスラーンは、ラジェンドラに同盟を申し込みました。アルスラーンたちがラジェンドラが王位に就くことを援助するというのです。その見返りに、アルスラーンに力を貸せというのです。この提案は、ラジェンドラには不本意なものでしたが、既にナルサスの手でラジェンドラがアルスラーンと手を結んだこと。そしてシンドゥラの王都に向かって攻め込もうとしているという情報が流されていたのでした。

というわけで、アルスラーンたちはエクバターナ奪還の前に、シンドゥラに進軍することになりました。とはいえ、これを知ったガーデーヴィは、ラジェンドラと対決する構えです。既にガーデーヴィの配下が、ラジェンドラ軍の中に紛れ込んでいたのでした。この戦いの行方は、どうなるのでしょうか!?

今回は、ラジェンドラが登場したことで、にぎやかなお話になりました。ラジェンドラは、ファランギースを酔いつぶそうとして、見事に失敗しました。(^^; どれだけ飲んでも顔色1つ変えないファランギース、恐るべしですね。(笑)

最終更新日 : 2015-07-14

Comment







管理者にだけ表示を許可

Trackback


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
アルスラーン戦記「第14話 異国の王子」
アルスラーン戦記「第14話 異国の王子」に関するアニログです。 …
2015/07/16 23:08 anilog
三つの理
Gremzキーワード:ゴミ分別! 暑っ! 明日感想書きたいと思います^^;→さらっとな^^;; 『アルスラーン戦記』 第十四章 異国の王子 パルス領内へシンドゥラ軍が侵攻して来ている・・ 会議をしているのにアルスラーンはぼんやりとしていました。 良い王とおなり... …
2015/07/15 00:12 マイ・シークレット・ガーデン vol.2