日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › アルスラーン戦記 › アルスラーン戦記 #13
2015-07-03 (Fri) 19:54

アルスラーン戦記 #13

ようやくペシャワール城塞に到着したアルスラーンたち。しかし、そこにも銀仮面ヒルメスの手が伸びてきます。

ペシャワール城塞を目前にして、アルスラーンたちはルシタニア軍に追われていました。待ち伏せされたアルスラーンたちを救ったのは、一足先にペシャワールに到着していたナルサスと双刀将軍キシュワードでした。彼らの働きで、ようやくアルスラーンたちはペシャワール城塞に入ることができたのでした。

そして、ナルサスを巡ってエラムとアルフリードの間に三角関係が勃発!(^^;
ナルサス様一途のエラムの前で、アルフリードがナルサスの妻だと宣言した時のエラムの表情には笑ってしまいました。そして、2人はナルサスを巡ってケンカすることになるのでした。ファランギースが珍しくお姉さん的な役回りで、アルフリードにアドバイスをしてました。

ペシャワールに入ったアルスラーンは、すぐにもエクバターナ奪還を目指して挙兵したいと思っていました。しかし、それはバフマンが強硬に反対しました。ダリューンの伯父であるヴァフリーズから、アルスラーンの出生の秘密を知らされたバフマンは、このままアルスラーンを王太子として立てることに割り切れない気持ちがあったのです。

バフマンに反対されたことで思い悩むアルスラーンの前に、予想もしてなかった男が現れました。なんと、いつの間にかペシャワール城塞の中に銀仮面ヒルメスが入り込んでいたのです。オスロエス五世の息子であるヒルメスは、ペシャワール城塞の細部についても知り尽くしていたのでした。

突然ヒルメスに襲われたアルスラーンは、剣を抜いて応戦しますがヒルメスの敵ではありません。たちまち追い詰められたアルスラーンでしたが、偶然手にした松明がヒルメスのトラウマを思い出させて、アルスラーンの命を救うことになったのでした。ファランギースにナルサス、ダリューンに囲まれながらも、ヒルメスは戦うことをやめようとはしません。

それを止めたのは、自らをアルスラーンの盾としたバフマンでした。バフマンは、かってヒルメスに剣の手ほどきをした、アルスラーンにとってのヴァフリーズのような関係だったのでした。それ故にバフマンは、ヒルメスへの思いとヴァフリーズとの友情の間で苦しむことになったのでした。

そしてヒルメスは、ペシャワール城塞から逃亡しました。そしてバフマンは、ヒルメスこそがパルス王家の正当な後継者であることを言い残して命を落としました。しかしアルスラーンたちには、偉大な武将の死を悲しむ暇さえありませんでした。隣国のシンドゥラが、闇に乗じてパルス国境を越えようとしていたのです。
王都奪還を目指すアルスラーンは、まだまだ多くの試練を乗り越えねばならないようです。

次回は、これまでの流れを振り返る総集編になるみたいですね。

最終更新日 : 2015-07-03

Comment







管理者にだけ表示を許可

Trackback


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
アルスラーン戦記「第13話 王子二人」
アルスラーン戦記「第13話 王子二人」に関するアニログです。 …
2015/07/04 23:08 anilog
惑いし老将
ちょと更新できませぬ(p.-)→7月1日に感想書きました〜^^; 『アルスラーン戦記』 第十三章 王子二人 ペシャワール城塞まであと少しだというのに目的地に近づくほど待ち伏せする方は容易い。 しかし、いくら包囲網が的確であろうと突破する! と、気合が入った... …
2015/07/03 23:08 マイ・シークレット・ガーデン vol.2