日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › アルスラーン戦記 › アルスラーン戦記 #10
2015-06-08 (Mon) 18:41

アルスラーン戦記 #10

アルスラーンが、カシャーンの城砦へとたどり着くお話でした。

王都の様子をつかんだアルスラーンたちは、国王と王妃が生きていることを知りました。しかし、エクバターナへ向かおうにも、アルスラーンには共に戦う仲間が少なすぎました。そこでアルスラーンは、カシャーンの城砦を目指したのでした。
途中でルシタニア兵に襲われましたが、ファランギースやギーヴ、そしてダリューンの活躍でそれを切り抜けました。さらに、カシャーン城砦の兵士たちもアルスラーンに加勢して、ルシタニア兵を追い払ったのでした。

こうしてアルスラーンは、カシャーン城砦へと到着しました。そこを守るのは、ホディールという男でした。ホディールはアルスラーンたちを手厚くもてなしましたが、その一方で自分の娘をアルスラーンの妻にしようと画策します。さらにホディールは、アルスラーンとダリューンたちを引き離そうとするのでした。

しかし、ホディールの企みは全てナルサスの読みの中にありました。そんなホディールの元から、アルスラーンは出発しようとしました。ところが、武装したホディールがそれを邪魔します。しかし、こうなることを予測してエラムに細工させていたナルサスの知略と、ダリューンの武勇の前にホディールは命を落としたのでした。

こうしてアルスラーンたちは、カシャーン城砦から出て行くことになりました。その前にアルスラーンは、捕らえられていた奴隷たちを解放しようとしました。しかし、アルスラーンたちがホディールを殺したことを知った奴隷たちは、アルスラーンに襲いかかってきたのです。単純に奴隷を解放すればよいのではない。そのことをアルスラーンは学んだのでした。

そしてアルスラーンたちは、ペシャワールの城砦を目指します。ペシャワール城砦を任されているバフマンは、何か重大なことをダリューンの伯父であるヴァフリーズから知らされていました。バフマンは何をヴァフリーズから託されたのでしょうか。

今回は、ペシャワールへと向かう途中の幕間的なお話でしたね。アルスラーンに刃を向けた兵士たちに、ダリューンが「この方を誰と・・・」と言い出した時は、水戸黄門を思い出しました。(^^;

最終更新日 : 2015-06-08

Comment







管理者にだけ表示を許可

Trackback


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
アルスラーン戦記「第10話 カシャーン城塞の主」
アルスラーン戦記「第10話 カシャーン城塞の主」に関するアニログです。 …
2015/06/11 13:09 anilog
大道を歩め
Gremzキーワード:絶滅動物! 答えは自分で導き出すのよ! 『アルスラーン戦記』 第十章 カシャーン城塞の主 いずれにしても 我々は少数過ぎる どうやって味方を増やせば良い・・? ナルサスに問うアルスラーン。 王位の正統は血に非ず 政事の正しさによっての... …
2015/06/09 01:03 マイ・シークレット・ガーデン vol.2
正しい感情
アルスラーン戦記第十章 …
2015/06/08 19:57 半秦絆記