日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › 黒子のバスケ › 黒子のバスケ #64
2015-04-15 (Wed) 21:47

黒子のバスケ #64

今回も中学時代のお話です。順調に見えた帝光中学バスケ部ですが、次第に何かが壊れ始めました。

前回ではバスケ部に入部していなかった黄瀬が入部してきて、ようやく奇跡の世代と呼ばれた5人がそろいました。その頃、3年生のキャプテン虹村は、キャプテンの座を赤司に譲ることを決意しました。虹村の父親が入院していることが、その原因でした。日本でも有数の名家の生まれで、英才教育を受けてきた赤司は、それを淡々と受け入れていました。

その頃は、緑間と紫原の対立があったり、青峰と黄瀬が張り合っていたりと、仲はいいんだけれど、中学生らしい意地の張り合いも見られました。そして、その仲裁には黒子も力を貸していたのでした。また、マネージャーのさつきも、この頃に赤司によって情報分析能力の高さを見いだされていたのでした。

そんな中、青峰は大きな闇を抱え込んでいました。彼の力が、あまりにも桁外れになったため、もう同世代を相手の試合では満足感を得られなくなっていたのでした。そんな青峰を、今度は黒子が支えます。しかし、全中でかってのライバルと戦った青峰は、その圧倒的な力のためにライバルをなくしてしまったのでした。これが原因で、青峰は荒んでいくのでした。

そして黒子の友人、荻原シゲヒロの所属するチームも全国大会に出場していました。しかし、全国大会で戦おうという2人の約束は、荻原はチームが敗退してしまったために果たすことができませんでした。
回想に入る前の黒子の言葉では、黒子と荻原の関係もこのあと決定的に壊れてしまったらしいですが、2人の間に何があったのでしょうか!?

最終更新日 : 2015-04-15

Comment







管理者にだけ表示を許可

Trackback


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
黒子のバスケ BS11(4/14)#64
第64Q ・・・ワリィ 公式サイトから念願の帝光バスケ部一軍となった黒子は、新たに一軍に昇格した黄瀬の教育係を任せられるまでになった。同じ頃、事情により自らキャプテンの座を退く決意をした虹村は、その後任を赤司にと進言する。赤司を中心とした新体制のもと、帝光バスケ部は全国中学校バスケットボール大会を順調に勝ち進む。しかし、青峰は自身の無敵さ故にバスケへのモチベーションを失いつつあった。そんな中... …
2015/04/15 23:23 ぬる~くまったりと
黒子のバスケ #64「・・・ワリィ」 感想
勝って同じコートに立とう。 全中の舞台で黒子たちを待っていたのは・・・ 「・・・ワリィ」 あらすじは公式からです。 念願の帝光バスケ部一軍となった黒子は、新たに一軍に昇格した 黄瀬の教育係を任せられるまでになった。 同じ頃、事情により自らキャプテンの座を退く決意をした虹村は、 その後任を赤司にと進言する。 赤司を中心とした新体制のもと、帝光バスケ部は全... …
2015/04/15 23:01 おぼろ二次元日記2
黒子のバスケ 第3期 #14 第64Q「…ワリィ」
第64Q「…ワリィ」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ …
2015/04/15 22:50 Happy☆Lucky