時々の記録

コンピュータとアニメ感想etc.のブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › 名探偵ポワロとマープル › 名探偵ポワロとマープル #36
2006-02-01 (Wed) 14:24

名探偵ポワロとマープル #36

アニメでのポワロとマープルの活躍も、これが最後のエピソードとなってしまいました。

今回のお話のメインはポワロですが、ラスト・エピソードということもあってかアバンでメイベルがマープルからクッキーの焼き方を習う場面がありました。

さて、今回の事件です。フランスからイギリスへと向かう飛行機の中、そこで事件は起こりました。何とその飛行機にはポワロも乗り込んでいました。その同じ機内で、悪名高い金貸しの女性が殺されていたのです。女性の首筋には、針のようなもので刺された痕ががありました。機内では蜂が飛んでいたのも目撃されていますし、遺体の側からは毒の塗られた吹き矢も発見されています。

警察のその後の調査で、吹き矢の筒も発見されたのですが、それがあったのは何とポワロの座っていた座席の下でした。故意が偶然かわかりませんが、ポワロは一番犯人として疑わしき人物にされてしまったのでした。

その飛行機の中には、メイベルの知り合いも乗り込んでいました。知り合いを疑いたくないメイベルに、あらゆる可能性を想定して考えなければいけないとポワロは言います。今回の場合、そのあらゆる可能性の中にポワロも含まれているのに、シャープ警部にあっさりと犯人候補からはずされてしまうのは矛盾しているような気もしました。(^^;
シリーズ最後のお話になるのですから、容疑者として疑われるポワロをメイベルがこれまでの経験を生かして真犯人を捜し出すという構成にしてもおもしろかったのでは?と思うのですが。

最終更新日 : 2022-10-30

Comment