日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › 純潔のマリア › 純潔のマリア #6
2015-03-31 (Tue) 23:58

純潔のマリア #6

今頃ですが^^;、「純潔のマリア」第6話の感想です。今回は、ついにベルナールが本性を現しました。

マリアが戦いに介入し続けているおかげで、フランス軍は優勢です。そんな中、ジョセフはガルファを連れてくるように領主から頼まれました。その背後には、ベルナールの存在がありました。ベルナールはマリアの魂を救済するという名目で、ガルファに殺害させようとしていたのでした。フランス軍の優勢が確定的になった今、もうマリアは用済みということですね。

そんなベルナールの依頼を受けたガルファでしたが、本気でマリアを殺すつもりはないようです。でも、ジョセフが好きなのがマリアだと知って、マリアに会いに来たのでした。そして、そこでガルファは魔女マリアが処女だということを知ったのでした。それをガルファは、ベルナールに伝えました。それを聞いたベルナールは、ようやく醜い本性をみせました。忌むべき存在でありながら、聖母マリアと同じ名前を持ち、おまけに純潔。それを笑うベルナールは、狂ったように笑い続けるのでした。

そしてマリアは、ジョセフから次の戦いのことを聞かされました。次の戦いでは、フランス軍がイギリス軍を待ち伏せしようとしていました。だからマリアには、戦いに介入して欲しくなかったのでした。さらにジョセフは、この戦いが終わったらマリアと一緒にいたいと言い出しました。それを聞いたマリアは、平和とジョセフへの思いとの間で思い悩むことになるのでした。

しかし、エゼキエルからアンのお父さんが戦いに参加していることを聞かされたマリアは、ジョセフへの思いを断ち切るように戦場へと向かうのでした。そしてエゼキエルの前には、大天使ミカエルが現れて、マリアが魔法を使ったらマリアを天にかえせと迫ります。しかし、それを告げられたエゼキエルは、人間たちの思いと自分の使命との間で揺れることになるのでした。

久々の視聴だったので、多少登場人物を忘れていたりしましたが、すぐに思い出すことができました。天使からも人間からも命を狙われるマリアは、これからどうなってしまうのでしょうか。この続きを見るのが楽しみです。(^^)

最終更新日 : 2015-03-31

Comment







管理者にだけ表示を許可