日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › 読書 › 読書(その他) › 督促OL修行日記/榎本 まみ
2015-03-27 (Fri) 00:32

督促OL修行日記/榎本 まみ

督促OL 修行日記少し前に書店で見かけて気になっていた、「督促OL修行日記」を読み終えました。

就職氷河時代にカード会社にようやく就職した主人公は、コールセンターへと配属されました。ところが、そこは支払いの遅れているお客さんに督促の電話をかける、地獄のような職場だったのでした。ただでさえ気弱な主人公は、回収成績もあがりません。それに加えて、お金を借りているのに開き直るお客の怒号や脅迫ありという、精神的にとても辛い仕事を毎日こなすことになるのでした。

個人的には、これまでこういったお金がからんだドロドロした話や、登場人物が精神的に苦しい立場に置かれる作品は好きではありませんでした。その手のお話を読んだり聞いたりしていると、自分自身の辛かったことや苦しかったことを思い出して、精神的に苦しくなってしまうからです。

それでも、今回は読むのが辛いとわかっていながら、あえて読むことにしました。それは本の中にあった、いきなり怒鳴られた時に反撃する方法という文章が目にとまったからです。長い人生の中、理不尽に怒られてしまうことが誰にもあると思います。そんな時、どうやったら精神的に立ち直れるのか、知りたかったからです。

結論から書くと、この本に書かれていた方法では救いにはならないことがわかりました。(^^;
それでも何とか最後まで読み通せたのは、理不尽なことで苦労しているのは自分だけじゃないんだな〜と共感できる部分があったからです。

最後に、この本を読んでいたら、カードの解約のことでコールセンターに電話した時のことを思い出しました。
電話で対応してくださった女性の口調が、コンピュータがしゃべっているのかと思うほど非人間的で驚きました。一瞬、自動応答システムなのかと思ったほどです。(^^;
でも、この本を読んだら、きっとその方も苦労されていたんだなあと、同情する気持ちになりました。

最終更新日 : 2015-03-27

Comment







管理者にだけ表示を許可