日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › コンピュータ › Mac › OS X の sips コマンドが便利
2015-03-15 (Sun) 18:47

OS X の sips コマンドが便利

このところ画像やPDFファイルを扱うことが多いのですが、そんな中で大量のPDFファイルからサムネイル画像を作りたいことがありました。これまでは、ImageMagick というオープンソースのツールを利用することが多かったのですが、OS X の標準コマンドで何とかなるような気がしたので調べてみました。

すると、sips コマンドというとても便利なコマンドがあることがわかりました。PDFファイルから、縦横比を変更せずにサムネイル画像を作りたい場合・・・

sips -s format jpeg --resampleWidth 50 pdf_filename


・・・としてやると、幅50pixel の jpeg 画像を作ってくれます。format で指定している jpeg を png や gif などに変えると、それぞれの画像形式で出力してくれます。resampleWidth の方を変更すると、横幅を任意に変更できます。
--resampleWidth を --resampleHeight に変更すると高さを指定してサイズを変更することができます。

下のようなシェルスクリプトにしておくと、繰り返し使えて便利そうです。

#!/bin/bash
PROGNAME=`basename $0`
if [ $# -lt 1 ]
then
echo "usage: $PROGNAME files"
exit 1
fi
files=$*
for f in $files
do
noext="${f%.*}"
sips -s format jpeg --resampleWidth 50 $f --out ${noext}.jpg
done


この sips コマンドについては・・・

Mac OS Xで画像変換」クジラ机ブログ 様
sipsコマンドは使えるかも」 印刷屋のdeveloper日記 様

・・・の情報がたいへんわかりやすく参考になりました。ありがとうございました。

最終更新日 : 2015-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可