日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


アンジュがお風呂で^^;、ジルから世界の真実を聞かされるお話でした。

アルゼナルに強力な敵が現れたことは、各国の代表にも知らされました。その中には、アンジュの兄ジュリオの姿もありました。彼らはヴィルキスが本来の力を発揮したことに驚いていました。そして危機感を持ったのでした。そんな中、代表から離れたところで話を聞いていた1人の男が動きました。彼の名は、エンブリヲ。各国の代表よりもさらに高い立場にいる人間のようです。

その頃、アルゼナルでは基地の復旧に全力が尽くされていました。命令違反をしたサリアに代わって、部隊の指揮はヒルダに任されました。そんな中、ジルに詰め寄ったアンジュは、全ての真相を話すように迫りました。こうしてジルは、お風呂場でアンジュに全てを語るのでした。

かって世界を作り出した神は、自分の作った人間が争ってばかりいる不良品であることを嘆いていました。そこで彼は、世界をリセットすることに決めました。そうして新たに作られたのが、マナの力を持った温厚な人間でした。しばらく世界は、新しい人間とマナの力で驚異的に発展しました。ところが、突然変異によって、マナを持たない人間、ノーマが現れたのです。

ノーマの存在自体は、神にとってそれほど不都合ではありませんでした。忌むべき存在としてのノーマがいることで、かえってマナを持つ人間たちの団結が強まったのです。そんな中、ノーマたちは神に反逆を挑みました。そして神の兵器であるパラメイル・ヴィルキスを奪ったのでした。しかし、ヴィルキスは誰にでも操れるものではありませんでした。それを操れるのは、限られた資格を持ったノーマだけだったのです。

その最初の資格者として現れたのが、ジルでした。なんとジルもまた、アンジュと同じように皇族の血を引く人間だったのでした。ヴィルキスの力を得たジルたちは、反逆を開始しました。しかし、ジルの力ではヴィルキスの真の力を引き出すことはできませんでした。そしてジルは、その時にヴィルキスを動かすのに必要な指輪と、右腕を失ったのでした。

全てを語ったジルは、アンジュにリベルタスに参加するように命じます。しかし、アンジュはそれを聞き入れませんでした。多くの人たちに裏切られてきたアンジュは、全てを自分で見て考えて判断すると宣言したのです。
そんな中、基地内に異変が起きました。なんとヴィヴィアンがドラゴンへと変身してしまったのです。仲間に追われたヴィヴィアンは、基地の外へと逃げ出しました。

そんなドラゴンを見たアンジュは、それがヴィヴィアンだと気がついたのでした。そしてアンジュが歌うと、ヴィヴィアンはドラゴンから元の姿へと戻ったのでした。そしてアンジュは気がつきました。アンジュたちがこれまで戦ってきたドラゴンは、ノーマが姿を変えたものだったのです。つまりアンジュたちが戦っていたのは、同じ人間だったのです!

衝撃の事実が明らかになったところに、エンブリヲから何かを託されたジュリオが率いる艦隊がアルゼナルに到着しました。彼らは何をしようというのでしょうか!?

というわけで、この世界を支配する大きな謎が明かされたところで、次回は年明けへと持ち越されました。
エンブリヲが登場したことで、ようやく全てのキャラが出そろいました。アンジュたちが最終的に倒す相手は、どうやら彼のようです。そしてエンブリヲを憎むジルは、彼とどんな関係にあるのでしょうか!?

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/9149-79fd6201

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞「第12話 右腕の過去」
クロスアンジュ 天使と竜の輪舞「第12話 右腕の過去」に関するアニログです。

2014.12.26 03:38 | anilog

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 TokyoMX(12/20)#12
第12話 右腕の過去 公式サイトからアンジュに語られるジルとヴィルキスの凄惨な過去、そしてこの世界の真実。 謎の男エンブリヲの影が忍び寄る。 先日のアルゼナル襲撃を話し合う各国首脳。シンギュラ―ポイントを管理するのはミスルギ皇国。アルゼナルはローゼンブルム王家の管理と責任を押し付け合う。この事態にエンブリヲが選択肢は二つ。ドラゴンに降伏するか、ドラゴンを倒すか。もう一つは全てを作り直す。それ...

2014.12.25 21:41 | ぬる~くまったりと

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 #12
『右腕の過去』

2014.12.25 19:58 | ぐ~たらにっき