日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › SHIROBAKO › SHIROBAKO #11
2014-12-20 (Sat) 10:25

SHIROBAKO #11

最終話の制作進行を任されたあおいでしたが、原画を描いてくれるスタッフの確保に苦労しています。

全体的なスケジュールの遅れのために、あおいが担当することになった最終話は大ピンチな状況が続いています。そんな中、次々と作画を担当するスタッフが決まっていきます。しかし、どうしてもあと少しのカットを描いてくれる人が見つかりません。あおいは、これまでの人脈を頼って、必死に奔走するのでした。

そんな中、武蔵野アニメーションでは新たなスタッフを募集していました。その面接に、なんとあおいも参加することになったのでした。自分自身の過去を思い出すと、あおいにとっては黒歴史らしいです。最初は大手のスタジオに応募したけれど、そこでは相手にされず、ようやく武蔵野アニメーションに拾ってもらったのでした。面接で緊張する新人をみると、そんな恥ずかしい過去が思い出されてくるのでした。(^^;

そして、頼れる先輩の矢野さんにも一大事が起きていました。お父さんの調子が悪くて入院しているらしいです。矢野さんの家は、お父さんと娘の2人暮らしだったようです。お父さんのことが心配なのに、これまで矢野さんはそれに耐えて仕事をしてきました。しかし、ついに限界が来てしまいました。社長の配慮で、矢野さんは自宅まで車で送ってもらうことになったのでした。

そして、あおいは追い詰められていました。そして藁にもすがる思いで、プロデューサーの渡辺さんに頼るのでした。その時ちょうど渡辺さんは、次の企画のことで打ち合わせ中でした。そこに現れたあおいを面白いと思った編集者は、なにやら大物アニメーターをあおいに紹介してくれました。本人は冗談のつもりだったようですが、それを信じたあおいはそのアニメーターのところに突撃するつもりのようです。

果たして「えくそだすっ!」の最終話は、無事に完成するのでしょうか!?(^^;

今回は、いろいろな有名スタジオのパロディが登場したりして、ちょっと遊びすぎのような・・・。(^^;
そんな中で、ちょっとよかったのは、雪が降ってきた時、あおいが持っていた原画を汚さないように服の中に袋をしまう場面でした。自分がどんなに汚れても、大切な作品は汚さない。その気持ちがある限り、あおいは信頼できる制作進行だと思いました。

最終更新日 : 2014-12-20

Comment







管理者にだけ表示を許可

Trackback


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
SHIROBAKO TokyoMX(12/18)#11
第11話 原画売りの少女 13話のBパートの原画を社内で割り振る。30カット中の3カットは直ぐに決定、絵麻にも重要な カットを推薦される。残り20カットには大変な馬のシーンがある。社外の原画マンを片っ端から声を掛けるあおい。 まずは会社レベルで仕事を頼むあおい。プル天で木下監督と関わった会社は断る。落合にも連絡するが、ロボハルもそれ以上に逼迫している。第3飛行少女隊をアニメ化したいタロー、あ... …
2014/12/20 11:12 ぬる~くまったりと