日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › その他 › 映画・テレビ › 少林寺木人拳
2014-12-09 (Tue) 21:27

少林寺木人拳

少林寺木人拳 [Blu-ray]珍しく視聴予定のアニメがない日だったので、レンタルビデオ屋に行ってきました。たまには映画を借りようと思ったのですが、最近の映画はCGバリバリで画面もグルグル動くので目が回りそうになります。そんな時、昔テレビで放映された時によく見ていたジャッキー・チェンの映画を見つけました。なんだか懐かしくなって、「少林寺木人拳」を借りてきました。

この映画はジャッキーがメジャーになる前に作られた作品なので、その後に作られた「蛇拳」や「酔拳」などとは違い、笑いはなくてけっこうハードなお話です。父親を謎の拳法使いに殺されたジャッキーは、復讐のために少林寺に入門しました。そこでは、恐るべき過酷な修行の日々が待っていたのでした。父親を殺された時のショックなのか、ジャッキーは口がきけないという設定です。

少林寺での修行中に、ジャッキーは岩屋に鎖でつながれている男を見つけました。その男は拳法の達人らしいのですが、大勢の人を殺したために今では牢獄につながれていたのでした。そんな男が、ジャッキーの拳法の師匠になりました。その師匠に気に入られたおかげで、ジャッキーはめきめき強くなりました。

そんなジャッキーの前に、女僧が現れました。彼女はジャッキーの拳法には殺意を感じると指摘しました。そして、人を殺すための拳法ではなく、心と体を鍛えるための拳法をジャッキーに教えるのでした。こうしてジャッキーは、2人の師匠からそれぞれ異なった教えを受けました。そしてついに、ジャッキーは少林寺の修行の1つの到達点である木人と対決することになったのでした。

その試練を乗り越えたジャッキーは、寺から出ることを許されました。その時にジャッキーは、牢獄の師匠からある伝言を頼まれました。それは男が牢獄を破り、再び返り咲くことを告げるものでした。何も知らないジャッキーは、それを頼まれた男に届けてしまったのでした。

そしてその後、男は牢獄を破りました。そして自分を牢獄につないだ男たちに、復讐をすることになるのでした。その頃、居酒屋の用心棒のようなことをしていたジャッキーは、父を殺したのと同じ拳法を使う相手と出会いました。その男にジャッキーは戦いを挑みますが、歯が立たずに打ちのめされました。そこでジャッキーは、さらに強くなるために寺を出る前に教えられた場所へと赴いたのでした。

そこでさらに修行を続けた結果、ジャッキーは驚異的に強くなりました。そして世間を脅かす牢獄から脱獄した男=かっての師匠と戦うことになってしまったのでした。戦いを前に、衝撃の事実が明らかになりました。なんと父を殺したのは、ジャッキーに拳法を教えたその男だったのです。こうして師弟が激しく激突することになるのでした。

今回借りてきたDVDには、昔テレビで放映された時のような日本語の主題歌(?)がありませんでした。不思議に思って調べてみたら、あの主題歌は日本で独自に付け加えたものだったんですね。(^^;
初ジャッキーは、テレビで放映されたものなので、なんだかあの歌がないと別の作品みたいです。今発売されているBDには、この主題歌が収録されているみたいなので、いつかそちらも見てみたいです。

最終更新日 : 2014-12-09

Comment







管理者にだけ表示を許可