日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › ソードアート・オンライン › ソードアート・オンラインII #20
2014-11-23 (Sun) 14:06

ソードアート・オンラインII #20

ユウキのお願い。それは7人のパーティーだけで、ボスキャラを攻略して名前を残すことでした!

絶剣と呼ばれたユウキは、仲間を探して戦っていたのでした。本来、ボス攻略には7人パーティー×7組くらいの戦力が必要になるらしいです。ところがユウキたちは、7人だけでボスを攻略しようとしていたのでした。なぜ7人かというと、パーティーの最大メンバー数が7人だからでした。そしてボス攻略をして名前を残せるのは、複数のパーティーが参加した場合、そのリーダーだけになってしまいます。しかし、7人だけでボスを攻略できれば、7人全員の名前を攻略者名として残すことができるのです。

それなら自分ではなく、もう1人の仲間はキリトでもよかったのではないかとアスナは気づきました。それをユウキに尋ねると、ユウキはキリトはユウキの秘密を知ってしまったから候補から外されたのでした。ユウキの秘密とは、いったい何なのでしょうか!?

ユウキたちがこんな無謀なことを思いついたのは、春にはパーティーのメンバーがそれぞれ忙しくなって、今のようにゲームに打ち込むことができなくなるからでした。それで最後の記念に、それぞれの名前をゲームの中に残そうと決めたのでした。

新しい目標に燃えるアスナでしたが、現実では母親との対立が待っていました。母親にはゲームが原因で2年間という貴重な時間を失ったのに、それでも今もゲームを続けるアスナの気持ちがわからないのでした。そんな母親に、アスナは言うべき言葉がありません。

その間にも、スリーピング・ナイツのボス攻略の準備は進みます。まずはボスの攻略パターンを見極めるために、ボスの様子を観察しに出かけました。ところが、ボス部屋の前に隠れているグループがいました。彼らのことをいぶかしく思いながらも、アスナたちは戦いに挑みます。そして戦いが終わった後、アスナはその目的に気がつきました。隠れていたグループは、これからボス戦をしようとするグループの偵察部隊だったのでした。彼らは魔法を使って、アスナたちの戦いをのぞき見していたのです。

前回も、前々回もユウキたちがボス攻略に先を越されたのは、これが原因でした。今回も先を越されたと悔しがるユウキに、まだチャンスはあるとアスナは言いました。大勢のパーティーを集めるのには、時間がかかります。その間に、もう一度だけスリーピング・ナイツが戦うチャンスがあるというのです。

こうしてアスナたちは、再びボス部屋の前を目指します。しかしそこには、既に攻略部隊の一部が集まっていました。彼らは先に攻略したいというアスナたちに、ボス攻略のチャンスを与えようとはしません。そんな中、ユウキはたとえ彼らと戦ってでもボスと戦う決意を見せました。そんなユウキを見たアスナは、本気でぶつからなければ伝わらないことがあると知りました。母親とのことのように・・・。

こうしてボス部屋の前で、スリーピング・ナイツは戦い始めました。しかし、背後からは攻略部隊の応援が迫ります。もはやこれまでかと思った時、その中の1人が攻略部隊に挑みました。なんとキリトがアスナたちのために駆けつけてくれたのです!

今回、キリトの出番は最後の最後だけだったのですが、いつも以上にかっこよかったですね!(^^)
そして迷いの中にあったアスナが、戦うことを決めたところもかっこよかったです。ボス戦の前に、プレーヤー同士で戦うことになってしまったアスナたちですが、目的通りボスを倒すことができるのでしょうか!?

最終更新日 : 2014-11-25

Comment







管理者にだけ表示を許可

Trackback


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
ソードアート・オンラインII 第20話 『スリーピング・ナイツ』 シウネーが面白そう。
一見穏やかに見えて、戦闘時妙に興奮してましたね。キレると凄そう。  こっちでもレイド。というかボス戦は基本レイドだったんですね。今まで知らなくて、知ったのがログ・ホライズンのレイドイベントとタイミングが一緒。なので覚えやすかったです。 アスナが連れて行かれたのは絶剣ことユウキのギルドでした。やたら大歓迎されるのが最初胡散臭いと思った。変な宗教かと。まあ理由を聞いたら納得しましたが。... …
2014/11/28 22:36 こいさんの放送中アニメの感想
ソードアート・オンラインII 第20話 「スリーピング・ナイツ」 感想
ギルドのメンツ紹介? スリーピングナイツって夜に寝るってこと? その名前にどんな意味がw というか、いきなり新キャラが一杯増えた~ これ全部覚えないとだめ?(覚えるとは言って無い) 【Amazon.co.jp限定】ソードアート・オンラインII 5(クリアブックマーカーver.5付) (完全生産限定版) [Blu-ray](2015/02/25)不明商品詳細を見る …
2014/11/25 13:26 キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記
ソードアート・オンラインⅡ 第20話「スリーピング・ナイツ」
「ぶつからなければ伝わらない事だってあるよ  例えば、自分がどれくらい真剣なのかとかね!」 ボス戦攻略の為 ユウキから協力を頼まれたアスナ 彼女がリーダーを務めるスリーピング・ナイツのメンバーと共にボス戦へ    【第20話 あらすじ】 アスナは、ユウキがリーダーを務めるギルド《スリーピング・ナイツ》への協力を頼まれる。《スリーピング・ナイツ》は、メンバー同士の事情で近く解散... …
2014/11/24 20:19 WONDER TIME
ソードアート・オンラインⅡ 第20話 「スリーピング・ナイツ」 感想
剛毅果断であれ― …
2014/11/24 18:41 wendyの旅路
ソードアート・オンラインⅡ第20話感想
タイトル「スリーピング・ナイツ」 …
2014/11/24 00:23 サイネリア~わたしのひとりごと~
【アニメ】ソードアート・オンラインⅡ感想 #20「スリーピング・ナイツ」
前回、謎の剣士絶剣さんことユウキちゃんの勧誘を受けたアスナちゃん。 今回はユウキちゃん側の事情が語られます。 そして、事態はやや意外な方向へと・・・。 そういえば、ユウキちゃんってアスナちゃんの名字「結城」と同じなんですね。 何か関係があるのかしら? ということで、第20話の感想になります! (注意事項) ・基本、嫁に... …
2014/11/23 23:57 今日から明日へ(仮)
ソードアート・オンラインⅡ 第20話「スリーピング・ナイツ」
【Amazon.co.jp限定】ソードアート・オンラインII 2(クリアブックマーカーver.2付) (完全生産限定版) [Blu-ray]『ぶつからなきゃ伝わらないことだってあるよ!』 原作:川原礫 監督:伊藤智彦 制作:A-1 Pictures キリト:松岡禎丞  アスナ:戸松遥  リーファ:竹達彩奈   ユイ:伊藤かな恵 シリカ:日高里菜   リズベット:高垣彩陽  シノ... …
2014/11/23 22:00 明善的な見方
ソードアート・オンラインII #20
『スリーピング・ナイツ』 …
2014/11/23 20:12 ぐ~たらにっき
ソードアート・オンラインⅡ 第20話 スリーピング・ナイツ
アスナがユウキに連れられて引き合わされるのは、ユウキのギルドであるスリーピング・ナイツ。 本来は7人パーティ×7の49人レイドで挑むボス戦をギルドメンバーだけでボス ... …
2014/11/23 18:49 ゲーム漬け
ソードアート・オンラインII 第20話「スリーピング・ナイツ」
ソードアート・オンラインII 第20話「スリーピング・ナイツ」です。 さて、『ソ …
2014/11/23 18:27 藍麦のああなんだかなぁ
ソードアート・オンラインII「第20話 スリーピング・ナイツ」
ソードアート・オンラインII「第20話 スリーピング・ナイツ」に関するアニログです。 …
2014/11/23 16:38 anilog
ソードアートオンラインII TokyoMX(11/22)#20
第20話 スリーピング・ナイツ 公式サイトからアスナは、ユウキがリーダーを務めるギルド《スリーピング・ナイツ》への協力を頼まれる。《スリーピング・ナイツ》は、メンバー同士の事情で近く解散することを決めており、解散前の思い出作りとして、自分たちのパーティーだけでのボス攻略に挑んでいた。しかし、通常は複数パーティー合同の49人で挑むボス 敵を、《スリーピング・ナイツ》+アスナの7人のみで倒すのは... …
2014/11/23 15:54 ぬる~くまったりと
ソードアート・オンラインⅡ 第20話 「スリーピング・ナイツ」
 キリトが格好いいですね。 …
2014/11/23 15:37 つれづれ
ソードアート・オンラインII 第20話『スリーピング・ナイツ』 キャプ付感想
ソードアート・オンラインII 第20話『スリーピング・ナイツ』 感想(画像付)  悪いな、ここは通行止めだ! アスナたちのピンチに登場するキリト。 キリトさん、カッコつけすぎ(笑) 最後で美味しいとこ持っていくのが、さすが主人公ですねw     アスナは、ユウキがリーダーを務めるギルド《スリーピング・ナイツ》への 協力を頼まれる。 《スリーピング・ナイツ》は、... …
2014/11/23 14:11 空 と 夏 の 間 ...