日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › 読書 › 英語多読 › Magic Tree House #20 Dingoes at Dinnertime/Mary Pope Osborne
2014-10-24 (Fri) 22:02

Magic Tree House #20 Dingoes at Dinnertime/Mary Pope Osborne

Magic Tree House #20: Dingoes at Dinnertime (A Stepping Stone Book(TM))多読です。Magic Tree Houseの第20巻を読み終えました。ジャックとアニーの、4つの贈り物を探す旅もいよいよ終わりです。

ある夕方、ジャックとアニーは遠くでテディの声が聞こえるのに気がつきました。最後の贈り物を求めての冒険が、いよいよ始まります。今回、ジャックとアニーが向かったのは、オーストラリアでした。そこでカンガルーから贈り物をもらうことが目的です。

到着したのは、オーストラリアの乾燥した森でした。そこには、コアラやワライカワセミ、エミューなどの動物が暮らしています。そしてジャックとアニーは、ビッグフットとも呼ばれているカンガルーと出会いました。そのカンガルーの袋には、子供のカンガルーが入っていました。しかし、そんなカンガルーを、ディンゴの群れが襲います。

カンガルーのお母さんは、ディンゴから逃げ出しました。しかし、ジャックとアニーは森の中に子供のカンガルーが残されているのを見つけました。お母さんカンガルーは、ディンゴの注意を自分に引きつけて、後から子供を迎えに来るつもりのようです。

そんな時、森の中に煙が漂い始めました。あまりにも乾燥しきった大地では、何かの拍子に木が燃えだしてしまうことがあるのでした。このままここにいては危ないと、ジャックとアニーは逃げることにしました。しかし、子供カンガルーを置き去りにはできません。ジャックの鞄に子供カンガルーを入れて、2人は火から逃げました。アニーは途中で、逃げ遅れていたコアラを見つけて保護しました。

しかし、あたりに煙はどんどん充満して、ジャックとアニーの行く手を阻みます。そんな時、テディの鳴き声がしました。テディは洞窟を見つけて、そこから2人を呼んでいたのです。洞窟に逃げ込んだおかげで、ジャックとアニーは助かりました。しかし、洞窟の中は真っ暗です。そんな時、突然壁に描かれていた絵が輝き始めました。ここはオーストラリアの先住民アボリジニの洞窟だったようです。

光る蛇の絵に導かれて、ジャックとアニーは洞窟から出ることができました。外では雷が鳴り響き、激しい雨が降っています。そのおかげで、森の火事は鎮火したのでした。その時、ジャックたちは困ったことに気がつきました。森が焼けてしまい、お母さんカンガルーが子供を置いた場所がわからなくなってしまったのです。しかし、ジャックは子供カンガルーを拾った場所に魔法の本を残していました。テディがその本を見つけ出してくれたおかげで、ジャックたちはその場所がわかったのでした。

その場所でジャックたちは、長い間お母さんカンガルーを待ちました。しかし、お母さんはなかなか現れません。もしやディンゴにやられたのでは、それとも火に包まれてしまったのか、ジャックとアニーは心配になりました。その時、遠くから泥水のはねる音が聞こえました。お母さんカンガルーが、子供を迎えに来たのです。こうしてジャックとアニーは、無事に子供をお母さんに返すことができました。

お母さんカンガルーは、立ち去る前に絵の描かれた木の皮を残しました。そこには、洞窟の中でもジャックたちを導いてくれた虹色の蛇が描かれていました。オーストラリアについての本を読むと、その蛇はアボリジニの間で雨をもたらす蛇として知られていました。ジャックとアニーが洞窟の中で虹色の蛇を見つけたことで、魔法が発動して雨が降ったのかもしれません。

こうして4つめの贈り物を手に入れたジャックたちは、元の世界へと戻りました。そこには、モーガンがやって来ていました。そしてモーガンは、4つの贈り物を使って、テディにかけられていた呪文を解きました。そのおかげで、テディは元の姿に戻ることができました。テディはジャックよりも少し年上の男の子でした。彼はモーガンの図書館で働いていたのですが、モーガンに黙って魔法を使ってしまったのでした。そのせいで、彼は子犬の姿になってしまったのでした。

ジャックとアニーのおかげで、テディは元の姿に戻ることができました。彼の本当の名前は、テディではなくて、テッドでした。こうしてモーガンとテッドは、元の世界へと帰っていきました。しかし、これが冒険の終わりではありません。またいつの日か、魔法の木の家はジャックとアニーの前に現れることでしょう。

というわけで、4冊続いた4つの贈り物を探すシリーズもこれで完結です。今回はタイタニック号から、インディアンの少年との出会い、森で傷ついた虎との出会い、そしてカンガルー親子との出会いと、ワクワクどきどきの冒険でした。

YL 2.4〜3.0
総語数 5154語

最終更新日 : 2014-10-24

Comment







管理者にだけ表示を許可