日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › 読書 › 英語多読 › Five Famous Fairy Tales/Hans Christian Andersen and others
2014-09-26 (Fri) 09:14

Five Famous Fairy Tales/Hans Christian Andersen and others

PENGUIN READERS2: FIVE FAMOUS FAIRY TALES (Penguin Readers, Level 2)グリム、アンデルセン、アラビアンナイトの作品から選ばれた、5つのお話が収録されている本でした。

最初は、魔法を使えるテーブルとロバと杖を手に入れた3人の兄弟のお話です。3人の兄弟は別のところで一生懸命働きました。その報酬として、彼らは親方から魔法のアイテムをもらうのでした。ところが、家に帰る途中に老婆が住んでいる家があり、せっかく手に入れた魔法のアイテムを奪われてしまいます。

2つめは、王子と不思議な力を持った召使いのお話です。王子が悪いクイーンの出す問題に答えて、お姫様と結婚するお話です。王子はお話の途中で召使いたちと出会うのですが、どの召使いもかなりかわった人たちです。

3つめは、不思議なガラスの箱を手に入れた貧しい男のお話です。貧しい男は、老婆から頼まれてガラスの箱を取りに行くことになりました。その代わり、彼はお金や黄金、宝石を手に入れることができるのです。

4つめは、漁師と巨人のお話です。ある漁が下手な漁師が、不思議な壺を手に入れました。漁師がその蓋を開けると、中から巨人が現れたのでした。しかし巨人は、漁師を殺そうとします。

最後は、魔法で白い鳥に変えられた10人の王子を、妹の王女が救うお話が収録されていました。ある王様には、10人の王子と1人の王女がいました。妻に先立たれた王様は、新しい后を迎えます。しかし、王子たちが邪魔だった后は、彼らを鳥に変えてしまったのでした。

どれもどこかで読んだことがあるようなお話でしたが、なかなか面白かったです。その中で一番へんなお話は、漁師と巨人のお話でした。途中までは漁師と巨人のやり取りが描かれているのですが、途中からお話の視点は漁師から魚を買った王様に変わってしまいます。(^^;

YL 2.4〜2.6
総語数 9927語

最終更新日 : 2014-09-26

Comment







管理者にだけ表示を許可