日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › 読書 › 英語多読 › Picture Puzzle/John Escott
2014-09-22 (Mon) 08:04

Picture Puzzle/John Escott

Picture Puzzle (Macmillan Reader's Beginner Level)多読です。John Escottさんの「Picture Puzzle」を読み終えました。少年向けのサスペンス小説といった感じで楽しかったです。

大学生のピートは、日々の生活に退屈していました。そんなある日、ショッピングモールに本を買いに出かけたピートは、そこで誰かに追われている女の子と出会いました。彼女は、ピートに写真のネガを渡すと、そのまま消えてしまいました。彼女は大柄の男に追われて、怯えていました。

彼女の助けになりたくて、ピートは行動を開始しました。しかし、手がかりは写真のネガだけです。写真を現像してみると、その中に2人の男が写っている写真がありました。どうやら、それが彼女の追われている理由のようです。写真はとある教会の庭で撮影されたものでした。写真には、背の高いやせた男が大柄の男に封筒を手渡している場面が写っていました。

そしてピートはあることに気がつきました。背の高いやせた男に見覚えがあったのです。彼はその男を、新聞で見た覚えがありました。そこでピートは新聞社を訪れて、過去の新聞を調べたのでした。男の正体は弁護士でした。その男は、ギャング団のボスの弁護をしていたのでした。そのボスは、ギャング団の情報を警察に売った男を殺害していたのです。裁判の結果、ボスは刑務所へと入れられました。

状況を把握したピートは、今度は少女を探します。そしてピートは、写真に写っていた教会を探し出しました。その教会の司祭は、少女を見かけたことがありました。彼女は時々、教会の庭を通り抜けていくことがあるようです。残念ながら、司祭はそれ以上の情報を知りませんでした。

空腹を感じたピートは、教会の近くの店でサンドイッチを買いました。そこで少女のことをピートが尋ねると、お店で働いている女性が彼女のことを知っていました。そしてピートは、彼女の名前がエイミーであること。そして、どこに住んでいるかを突き止めたのでした。

ピートはエイミーの住むアパートを訪れました。しかし、呼び鈴を押しても返事がありません。その時、最上階の部屋の窓が開きました。そこにはなんと、エイミーを追いかけていた大柄の男がいました。彼もエイミーを待っていると聞いたピートは、彼の部屋を訪れることにしたのでした。

そして、ついにピートは事件の真相とエイミーの居場所を知りました。でも、サスペンスものなので、これ以上のネタバレはやめておきます。(^^;

それほど分量の多い作品ではありませんでしたが、ピートがわずかな手がかりから真相に近づいていく過程が面白かったです。時折わからない単語もありましたが、前後の文章から意味を推測することができました。

YL 1.2〜1.4
総語数 1171語

最終更新日 : 2014-09-22

Comment







管理者にだけ表示を許可