日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › 読書 › 英語多読 › BIG MAX AND THE MYSTERY OF THE MISSING GIRAFEE/kin Platt & Lynne Cravath
2014-09-16 (Tue) 08:04

BIG MAX AND THE MYSTERY OF THE MISSING GIRAFEE/kin Platt & Lynne Cravath

Big Max and the Mystery of the Missing Giraffe (I Can Read Book 2)多読です。名探偵のビッグマックスが活躍するお話です。今回は消えたキリンの謎に挑みます。

ある日、名探偵のビッグマックスのところに電話がかかってきました。電話の相手は、Ah-Ah Achoo国のPunchapillow王でした。王様の飼っている、キリンのジェイクが消えてしまったというのです。そこでビックマックスは、事件の調査に乗り出しました。

彼は空飛ぶ傘を使って、依頼主の元へと向かいます。まずはAh-Ah Achoo国を見つけなければなりません。途中で出会った鯨や子鹿にその国のことを聞いて、ようやくビッグマックスはAh-Ah Achoo国へとたどり着いたのでした。

そこでは、王様が待っていました。宮殿に案内されたビッグマックスは、王様の飼っているたくさんのペットを見せてもらいました。そこでは、ライオンが卓球をしていたり、クマがローラースケートをしていたり、カンガルーがテニスをしていました。どのペットも2匹ずついます。しかし、キリンは一頭しかいなかったのでした。

ビッグマックスは、キリンのいた部屋を見せてもらいました。そこは高い壁に覆われた、バスケットコートがありました。ジェイクはそこでバスケットボールで遊んでいたのでした。でも時々なぜか、岩を蹴っていました。

そしてビッグマックスは、王様がジェイクを最後に見た時のことを尋ねました。その夜、王様はテレビでサッカーの試合を観戦していました。それをジェイクも見ていたのでした。その翌朝、ジェイクは姿を消してしまったのです。

ビッグマックスは、ジェイクのいた部屋を丹念に調べました。入り口にはちゃんと鍵がかかっていました。部屋は高い壁に囲まれていて、ジェイクは外を見ることができますが、乗り越えることはできません。部屋を調べていたビッグマックスは、何かに気がつきました。そして外へと飛び出しました。

外を調べていたビッグマックスは、ジェイクの足跡を見つけました。それをたどって、調査は続きます。しかし、足跡は途中で消えていました。それでもビッグマックスは慌てません。調べて考えること、それが探偵の秘訣だからです。

そして、ついにビッグマックスは、ジェイクを見つけ出しました。そして、どんな方法でジェイクが消えたのか、その謎も解き明かされました。推理ものなので、ネタバレはしないでおきますね。(^^;

というわけで、名探偵ビッグマックスの大活躍が楽しかったです。子供向けのお話ですが、ビッグマックスが一歩一歩確実に真相に近づいていくのがよかったです。

YL 1.2〜1.6
総語数 1719語

最終更新日 : 2014-09-16

Comment







管理者にだけ表示を許可