日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › 読書 › コンピュータ › Life with UNIX/Don Libes & Ressler
2014-05-15 (Thu) 11:23

Life with UNIX/Don Libes & Ressler

Life with UNIX―UNIXを愛するすべての人にアスキー出版から1990年(!)に発売された「Life with UNIX」を読み終えました。

この本は、1988年当時のUNIXに関する情報を集めたものです。UNIXの歴史の紹介から始まり、さまざまな情報源の紹介(発売当時はともかく、今では古くて役に立たないでしょうが^^;)、ユーザーグループなどの紹介がされています。

読んでいて何度も思ったのは、コンピュータの進化の速さです。今では8GBのメモリ、HDDは1TBなどのマシンは珍しくありませんが、1988年当時はそれは夢のまた夢のコンピュータでした。そんなマシンが手軽に買えるようになった現在は、とっても恵まれていますね。

そして1990年当時では、UNIXまたはその互換環境を個人で手に入れるのは、かなり難しいことだったと思います。話題のLinuxはまだなく、インターネットも一般的ではなかったため、たぶんUNIXを使っているのは大学で情報処理を学んでいる人くらいだったかもしれません。

この本は、そんな時代の雰囲気を感じさせてくれました。でも、この本で指摘されている問題点、紹介されている技術などは、今の時代にも通じるものだと思います。今のUNIXにまつわる技術が、どうしてこういう風になっているのか、それを歴史的に知るためにもこの本を読む価値はあると思います。

最終更新日 : 2016-04-22

Comment







管理者にだけ表示を許可