日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


ノブナガとシンゲンの激突です!

蘭丸として生きることになったジャンヌは、胸にさらしを巻いて男の姿に・・・。でも、全然胸が隠されてないような。(^^;
そんな中、城ではタケダへの対応が話し合われていました。積極的に異国の文化を取り入れて、タケダに対抗するように説くミツヒデでしたが、オダの重臣たちはそれを聞き入れようとはしませんでした。そんな中、ノブカツだけは兄を信じて、兄のことをジャンヌに託すのでした。

そして、ついにシンゲンが動きました。自ら兵を率いて、オダの領地へと攻め込んできました。あいにくノブナガのイクサヨロイは整備中でした。しかし、ノブナガは生身でも戦えると、戦場へと飛び出したのでした。そしてノブナガは、イクサヨロイの隙間を狙って弓を射ました。その攻撃に、次々とタケダのイクサヨロイは倒れたのでした。そんなノブナガの活躍に、逃げ腰だったオダの軍勢もようやく立ち直ったのでした。

そこでダ・ヴィンチが整備したイクサヨロイが到着しました。ノブナガは、フールに乗ってさらに暴れるのでした。そんなノブナガの前に、シンゲンの乗ったイクサヨロイ・風林火山が姿を現しました。風林火山は火を自由に操る神器を身につけていました。そんなシンゲンの攻撃に、ノブナガは押されるのでした。

そんな中、ジャンヌは逃げ遅れた子供がいるのを見つけました。シンゲンの放った炎から子供たちを守ったジャンヌでしたが、自らは炎の中に取り残されてしまいました。そんなジャンヌを、ノブナガはイクサヨロイで救ったのでした。その時、突然天から声がしました。それはヤマタイ国からやって来たヒミコの声でした。ヒミコは、ノブナガが契約に同意すれば神器を授けると言いました。

そんなヒミコと契約を結んだノブナガは、ヒミコの持って来た神器を手に入れました。それは雷を自在に操る神器でした。それをまとったフールは、それまで一方的な力をふるっていた風林火山をひざまずかせることに成功しました。ノブナガとシンゲン、2人の戦いはどうなるのでしょうか!?

相変わらずよくわからない作品なのですが、そのバカっぷりや思い切りのよさが心地いいです。(^^)

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/8410-e603c4bb

ノブナガ・ザ・フール #3
「戦車」 城内素敵だなー。 そしてミツヒデさんさすが。 胸つぶすのも大変ね。 弟派とノブナガ派か。 茅原さんの素敵な歌声。 ミツヒデさん男前ー。 さすが兄弟。 そして兄思いなのですね。 弱点あるんだ。 整備中で使えない。。 イチ様グッジョブ。 よく狙えるなぁ...

2014.02.05 22:45 | 朔夜の桜

修行の一環よ!/ウィッチクラフトワークス3話他2014/1/22感想
<記事内アンカー> ウィッチクラフトワークス 第3話「多華宮君とクロノワールの罠」 ノブナガ・ザ・フール 第3話「戦車 THE CHARIOT」  落ち着け、普段は眼鏡かけてないから僕の眼鏡っ娘の定義には該当しないんだ。これはただの眼鏡をかけた美人だ!

2014.01.22 22:34 | Wisp-Blog

ノブナガ・ザ・フール「第3話 戦車 THE CHARIOT」/ブログのエントリ
ノブナガ・ザ・フール「第3話 戦車 THE CHARIOT」に関するブログのエントリページです。

2014.01.22 00:50 | anilog

ノブナガ・ザ・フール テレ東(1/19)#03
第3話 戦車-The chariot- 公式サイトからオダ家に身を寄せることになったジャンヌ・カグヤ・ダルクは、異国の女性は目立ちすぎるという判断から、男装して蘭丸となった。 オダ・ノブナガの破天荒な行動に不信感を抱く蘭丸だが、弟オダ・ノブカツはだからこそ兄を支えてほしいと頼む。ノブカツは、兄が命の重みを背負っていく覚悟をもっていることをよく理解していたのだ。 そのころ、隣国のタケダ・シンゲ...

2014.01.21 17:45 | ぬる~くまったりと