日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › 有頂天家族 › 有頂天家族 #13
2013-10-02 (Wed) 14:15

有頂天家族 #13

ついこの間はじまったばかりだと思った「有頂天家族」も、とうとう最終回です。

偽右衛門選び、金曜倶楽部が集まって、仙酔楼には何か起きる気配が充満しています。隣にお客が来たと知って、最初はおとなしくしていた狸たちでしたが、矢一郎と早雲の対決が激化するにつれて騒然としてきました。矢一郎は、自分が金曜倶楽部に捕まっていたことに加えて、父を狸鍋にしたのは早雲の陰謀だと暴きます。しかし、そんな証拠は全くないと早雲は開き直ります。

そればかりか早雲は、総一郎があの晩泥酔していたことを指摘して、一緒にお酒を飲んでいた矢二郎のことを責め始めたのでした。これには矢一郎もさすがに黙っておれず、とうとう虎に変身して早雲をたたきつぶそうとします。そんな中、隣の部屋では矢三郎が母親を救おうと苦心していたのでした。

その時、突然淀川先生が動きました。檻の中の狸が、以前自分が助けたことがあった狸だったことを思い出したのです。この子を食べるわけにはいかないと、淀川先生は金曜倶楽部から除名されることも覚悟して狸を守ろうとするのでした。そこへ隣の部屋から、ふすまを突き破って虎がなだれ込んできました。かくして仙酔楼、大混乱に陥るのでした。

それに加えて、控え室で待たされていた赤玉先生が、ついに待ちくたびれました。激怒した先生は、風神雷神の扇を使ってあたりに巨大な風を吹き起こしました。こうして仙酔楼に集まった面々は、みんな吹き飛ばされることになったのでした。仙酔楼を吹き飛ばしただけでは飽き足りぬ赤玉先生は、あちこちに突風を吹かせて街を練り歩きます。

そんな赤玉先生を弁天がなだめて、ようやく赤玉先生の怒りはおさまったのでした。かくして、偽右衛門は選ばれることなく、金曜倶楽部で狸鍋が行われることもなく、その日は大騒動のうちに幕を閉じたのでした。
そして矢四郎は、母に無事を知らせます。矢三郎、矢一郎と電話がまわり、最後に矢二郎のところに電話がまわってきました。何も言わない矢二郎に、母はケガをしてないかと尋ねました。母は誰よりも、矢二郎のことを心配してくれていたのでした。

そして年が明け、新年を迎えました。あれ以来、弁天は赤玉先生のところに落ち着いたようです。金閣と銀閣は、相変わらず矢三郎にちょっかいを出してきます。海星は相変わらず矢三郎の前に姿を見せてくれません。そして、あの騒動以来、早雲はどこかへ消えてしまいました。
でも、今では下鴨家の家族はいつもみんな一緒です。総一郎が願ったように、何よりもこれが一番なのかもしれませんね。

ということで、物語は完結しました。現在の作品としては珍しく、絵柄はシンプルで1枚の絵として見せるよりも動きを重視したデザインだったと思います。でも不思議なことに、緻密に描かれた背景と組み合わさると不思議な魅力のある絵柄でした。
物語は最初わかりにくかったですが、途中から謎が解き明かされると面白くなってきました。キャラとしては、父を狸鍋にしてしまった後悔から、神社の井戸の底でカエルに姿を変えて引きこもっている矢二郎がよかったです。
出番は少ないのですが、感情の1つ1つに説得力がありました。逆に最後までよくわからなかったのが弁天です。裏切ったり手助けしてくれたり、何だかこの世界の峰不二子みたいな感じでした。(^^;

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可

Trackback


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
『有頂天家族』#13「有頂天家族」(最終回)
「面白く生きるほかに何もすべきことはない。 我ら一族とその仲間達に、程ほどの栄光あれ!!」 偽右衛門を決める長老会議に間に合った矢一郎は、さっそく早雲の悪事を曝露! だが証拠がないのをいいことに、早雲がシラを切るため、 「何が叔父だコンニャロウ!!父を鍋にしたくせに!」 早雲が父を鍋にしたことを、汚い言葉で罵ってしまう。 …
2013/10/02 21:31 ジャスタウェイの日記☆
有頂天家族「第13話 有頂天家族」/ブログのエントリ
有頂天家族「第13話 有頂天家族」に関するブログのエントリページです。 …
2013/10/02 20:50 anilog
有頂天家族 #13 最終回
『有頂天家族』 …
2013/10/02 19:46 ぐ~たらにっき
[終]有頂天家族 第13話
[終]有頂天家族 第13話 『有頂天家族』 ≪あらすじ≫ 仙酔楼の座敷では金曜倶楽部による狸鍋の準備が整い、檻に入れられた狸が運ばれていく。一方、別の座敷では狸の頭領・偽右衛門を決める会議が開かれ、居並ぶ狸たちを前に罠を脱した矢一郞と早雲が正面から衝突していた。ふてぶてしい態度を崩さない早雲に、ついに矢一郎の堪忍袋の緒が切れる。狸と天狗と人間の三つ巴で繰り広げられる波乱万丈の物語、... …
2013/10/02 19:39 刹那的虹色世界
「有頂天家族」第13話(終)
初詣へ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201309300000/ 【送料無料】有頂天家族 第一巻【Blu-ray】 [ 櫻井孝宏 ]価格:3,730円(税込、送料込) …
2013/10/02 14:28 日々“是”精進! ver.F