日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

視聴が遅れていた、「翠星のガルガンティア」第4話をようやく視聴しました。

今回はレドが、エイミーの弟・ベベルと会うお話でした。
ガルガンティアで暮らすようになったレドは、壊した倉庫の修理代金を請求されました。エイミーはそれをあんまりだとリジットに抗議しましたが、これはしばらくレドがこのガルガンティアで暮らしていく上でかかる経費として請求したものだったようです。レドはあっさりそれを受け入れて、レドはチェインバーを使って荷物の運搬の仕事をするようになったのでした。

しかし思いの外レドは融通が利かず、結局ジョーの言うままにチェインバーが働いた方が効率的だとわかりました。その結果、レドは仕事がなくなってしまったのでした。そんなレドは情報を求めていました。そこでやって来たエイミーに、何か情報を教えてくれる人と会わせてくれと頼みました。

そこでエイミーは、医者のオルダムのところにレドを連れて行きました。しかし、そこでもレドにとって有益な情報は得られませんでした。そんなレドに、オルダムはエイミーの弟のベベルと会えと勧められました。そこでレドは、エイミーと共にベベルの元へ向かったのでした。

ベベルはレドと会えたことを素直に喜びました。そんなベベルに、レドはどうしてベベルのように病弱で何の役にも立たない人間を生かしているのか問いました。それに対して、ベベルは嫌な顔1つせず、エイミーに必要されているからであり、そして自分自身が必要としているからだと語りました。そしてベベルは、生き続けることの大切さをレドに教えたのでした。

そしてベベルは、レドが作っていた笛を吹いてみせました。その音色を聞いた途端、レドの中に眠っていた記憶が目を覚ましました。まるでロボットのようなレドですが、はるか昔には人間的な交流があったこともあったのでした。こうしてレドは、いっけん無用と思えるものの中に用があることを悟ったのでした。

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/7960-42312334