日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


雪の女王 Vol.6風邪気味でダウンしてしまい、不覚にも雪の女王の感想を書けませんでした。ようやく見ることができたら、ゲルダもラギも熱を出して倒れていて、自分がいかにこの作品と相性がいいかわかりました。(^^;

今回はホルガー伝説ということで、白狼のホルガーの過去が描かれるのかなあと思ったら、ホルガーというのは元はゲルダたちの世界の神話の英雄でした。普段は地面を支えているけれど、地上で戦いが起こると戦いに加勢するのですが、その間は地面は誰が支えているんだろう?という素朴な疑問が残ります。(笑)

話がそれました。雪の女王は、100年くらい前に恋人がいたことがわかりました。それがゲルダの語った英雄ホルガーでした。さらに、ラギの部隊が全滅したとき、雪の女王はラギと出会っていました。ラギも雪の女王関係者だったから、同じ目的を持つゲルダに何かと世話を焼いてくれたんですね。

雪の女王の城では、謎の化け物が城を脅かしています。女王は一体なにと戦っているのでしょうか。今までは、単に冬から春へと変わる季節を巡る戦いをしているのかと思っていましたが、そんな単純な戦いでもないようです。
そしてカイのパズルは着々と完成しています。これが完成したとき、何かが起こるのでしょうか。

今回もお話的には、けっこうおもしろい気がしたのですが、今ひとつ感情移入することが出来ませんでした。ラギがいきなりゲルダに、自分のことを「ラギさん」でなく「ラギ」と呼べというのも唐突な気がしました。旅の知識がゲルダよりあり、年長者なラギをゲルダが友達みたいに呼ぶのは何か違うと思うんですけど。

ラギの自分を犠牲にしてでも他人を助けたいという気持ちは素晴らしいです。でも、どうしてそこまで自分よりも他人を優先するのか、その理由が描かれていないので今ひとつ説得力がないんですよね。
声の演技の拙さも大きいですが、そろそろラギの心情がもう少し描かれてもいいんじゃないでしょうか。

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/761-3b92f2f2

雪の女王 第26話
NHKアニメ劇場「雪の女王」<オリジナルサウンドトラック>サブタイトル「ホルガー伝説」ラギがこんなに重要人物だったとは!以下詳細***********

2005.11.23 06:14 | オヤジもハマる☆現代アニメ

雪の女王・第26話
「ホルガー伝説」  怒涛の結末に向けてのターニングポイントになる話でした。今まで暗闇に隠れていた登場人物達の目的が薄々と見えてきたのです。今回の話の辻褄を合わせ

2005.11.22 07:31 | アニメ批評空間 (AnimeScape)

雪の女王 第26話
今回は北に向かう道中でゲルダが熱を出して倒れてしまう話でした。夏が過ぎ冬が近づき、北への歩みを速めたのが仇となって倒れてしまったゲルダ。ラギに看病されるゲルダはラギが薬草を探しに出かけているあいだ、ホルガーにホルガー伝説の話をするのでした。季節が.......

2005.11.21 17:28 | パズライズ日記