日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › コメットさん☆ › コメットさん☆ #8
2012-10-06 (Sat) 23:37

コメットさん☆ #8

コメットさんがドレス作りをするお話でした。

コメットさんは、ツヨシ君とネネちゃんと一緒に教会で行われた結婚式を見ていました。それを見ていたネネちゃんは、ウェディングドレスが着てみたいと言い出しました。早速、コメットさんは星力でドレスを作ろうとしますが、デザインも決めずに適当に作ったので、とんでもないドレスができてしまいました。

失敗してもめげないコメットさんは、どうしたらちゃんとしたドレスが作れるようになるか考えるのでした。沙也加ママに相談すると、街のブティックに花村先生という有名なデザイナーがいるそうです。コメットさんは花村先生のところに乗り込んで、ドレス作りを教えてもらおうとするのでした。しかし、先生はドレスはそんなに簡単に作れる物ではないとコメットさんを追い返すのでした。

花村先生のところで、コメットさんはお弟子さんの優衣さんと出会いました。優衣は自信のデザインを先生に見てもらいに来たのですが、先生からそれは安易だと批判されていたのでした。優衣のデザインした服は、ウェディングドレスをモチーフにしたものでした。みんなが憧れるウェディングドレス、それをもっと気軽に着てもらえたら・・・。そう思って優衣はデザインしたのですが、それを先生に認めてもらなかったのです。

優衣と知り合ったコメットさんは、優衣のデザインで実際にドレスを作れば、先生も見直してくれるのではないかと考えました。そして優衣のデザインを元に、星力でたくさんのドレスのような服を作り上げたのでした。それをコメットさんたちは、花村先生のお店の前でみんなに着てもらおうとします。しかし、みんな服に関心は持ってくれるものの、誰も着てくれようとはしません。

コメットさんは、星力で無理矢理ドレスを着てもらおうかと思いますが、星力が足りません。そんな時、パニッくんにコメットさんの様子を監視させていたメテオさんが現れました。メテオさんは、コメットさんがたくさんのドレスを作ったのは王子様にここに花嫁候補がいると知らせるためだと決めつけました。そしてドレスを買い占めると、星力を使ってみんなに無理矢理ドレスを着せてしまったのでした。

そのせいで、町中にドレスを着た人たちがあふれてしまいました。それを見た優衣は、やっと先生がデザインを認めてくれなかった理由に気がつきました。ウェディングドレスは、特別な日に特別な思いを込めて着るから価値があるのです。それを簡単に着られてしまったら、全く価値がなくなってしまいます。自分の失敗を認めた優衣は、あらためて新しいデザインに取り組むのでした。そしてコメットさんも、自分が間違っていたことに気がつくのでした。

今回のお話は、小さな子にはちょっと難しいかなとも思いました。でも、その時はわからなくても、いつかこのお話の意味がわかる時が来て欲しいと思えるお話でした。
今回は、ゲストキャラとして流木アートのお話で登場した鹿島さんが再登場しました。コメットさんでは、こうした形で一度登場したゲストキャラがその後も顔を出すことが数多くあります。これはキャラを使い捨てにせずに、そのキャラがコメットさんと同じ街にそれぞれの思いを持って生きていると感じられて、とっても好きなところです。

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可