日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › コメットさん☆ › コメットさん☆ #4
2012-09-29 (Sat) 00:10

コメットさん☆ #4

剛君と寧々ちゃんの付き添いで、コメットさんが動物園に行くお話でした。

いつもは星のトンネルを使って通園しているコメットさんですが、今日はバスに乗って出かけます。なぜかと思えば、今日は保育園の遠足でみんなで動物園に行くことになっているからです。剛君と寧々ちゃんの付き添いとして、コメットさんも一緒に動物園に行くことになりました。初めての動物園に、コメットさんはワクワクです。

そんなコメットさんに、ラバボーは早く王子様捜しをしようと催促します。ところが、コメットさんが地球に来た本当の目的は、王子様を探すことではなく、地球で遊ぶためだったのでした。それを知ったラバボーは怒り出してしまいました。コメットさんもそんなラバボーに腹を立てて、2人は動物園でケンカ別れしてしまったのでした。

夕方になってコメットさんたちは帰宅しましたが、ラバボーの姿がありません。どうしたのかと思ったら、猿山の猿に気に入られて可愛がられていたのでした。ようやく猿山から逃げ出したと思ったら、今度は黒豹の檻に飛び込んでしまいました。ラバボー、大ピンチです!

一方、コメットさんもラバボーのことが気になって眠れません。星力の蓄えは少なかったけれど、星のトンネルを使って動物園までラバボーを探しに行くのでした。しかし、ラバボーの悲鳴は聞こえるものの、なかなかラバボーを見つけられません。そこでコメットさんは、星力を使って動物たちを檻から呼び出したのでした。そのおかげでラバボーと再会することができましたが、そこで星力が切れて動物たちが暴れ出してしまいました。

ラバボーの力で星力を蓄えたコメットさんは、もう一度星力で動物たちをおとなしくして、元の檻に帰ってもらったのでした。
こうしてコメットさんとラバボーは、仲直りすることができました。でも、いくらラバボーにせっつかれても、やっぱり遊びたいコメットさんでした。

というわけで、子供向けのアニメでよくある主人公とマスコットキャラとの対立を描いたお話でした。
お話のパターンはありがちなのですが、個人的にはこのお話はコメットさん☆の中でも嫌いなお話です。凶暴になった動物たちが襲いかかってきたり、ラバボーを溺愛する猿がちょっとくどかったりと、今ひとつコメットさんらしい日常から外れたお話だったからのような気がします。

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可