日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › 超訳百人一首 うた恋い。 › 超訳百人一首 うた恋い。 #11
2012-09-14 (Fri) 19:54

超訳百人一首 うた恋い。 #11

今回は、「源氏物語」の作者・紫式部の登場です。

紫式部こと香子が書いた小説は宮中でも話題となっていました。しかし、話題になりすぎて、みんな顔を合わせれば続きは書けたかと聞いてきます。周囲の期待に応えようとした香子は、プレッシャーでますます書けなくなっていくのでした。プレッシャーに押しつぶされる紫式部が、まるで締め切り前のマンガ家みたいで笑えました。(^^;

そんな中、香子は自分が小説を書くきっかけとなった友のことを思い出していました。藤子というその女性は、とても勝ち気な女の子でした。腕っ節の強さは男の子にも負けないほどで、男のいいなりになって生きるのではなく、男と渡り合って生きていくと語っていたのでした。そんな藤子に励まされて、香子は物語を書くようになりました。そして香子には、物語を書くことで男と張り合っていくように勧めるのでした。

歳月が流れ、藤子も結婚することになりました。表面上は強気にふるまっている藤子でしたが、親のことを考えた結婚だったようです。それでも藤子は、男に負けないように生きようとお互いに励まし合って、香子と別れたのでした。こうして藤子は、夫が地方勤務となったために、一緒に地方へと赴くことになったのでした。

そして時間は再び現在へと戻ります。小説に行き詰まっていた香子は、藤子が都に帰ってきていること。そして間もなく、別の任地へと向かうことを知りました。久しぶりに藤子に会える喜びを胸に、香子は藤子の元へと駆けつけました。しかし、藤子は香子に少し目をやっただけで、言葉も交わさないまま立ち去ってしまったのでした。

昔、香子の前では強がってみせたけれど、今の藤子は昔の理想とはほど遠い生き方をしていました。そんな自分の姿を、藤子は香子に見られたくなかったのでした。藤子が変わってしまったことを香子は悲しみますが、しかしそれは同時に香子に創作の力を与えました。宮中で輝いている女性たちの姿を描くこと。それが香子の新たな目的になったのでした。

今でこそ、女性の作家さんは珍しくもありませんが、紫式部の生きた当時、女性が文章を書くことで周囲から認められるのは、とてもたいへんなことだったんですね。これを知った上では、「源氏物語」をまた違った視点から楽しめそうです。

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可

Trackback


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
超訳百人一首 うた恋い。 #11「香子と藤子(紫式部)」
「私は藤原公任。  相変わらず優秀な公任」 ちょっとこのお方、恋の和歌を詠ったわけではないのに 妙に出番が多いYO(^∀^)ワッショーイ …
2012/09/15 18:53 マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
超訳百人一首うた恋い。 第11話 あらす...
「やぁ、紫ちゃん♪」光源氏に習って、紫式部をそう呼んだ公任。でも、式部には光源氏でもないのに、そんな風に呼ぶなと一蹴されちゃった(><)キャラの問題?話を聞いた斉信は、... …
2012/09/15 02:04 ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
わたくしを認めてくれたひと
ゴミ分別! 小林ゆうさん!@@; 『超訳百人一首 うた恋い。』 第11話 香子と藤子 紫式部 紫式部がそう呼ばれる前の名前は藤式部。 藤原公任が、源氏物語の紫の上にちなんで呼... …
2012/09/15 01:32 マイ・シークレット・ガーデン vol.2
超訳百人一首 うた恋い。 第11話「藤子と香子 紫式部」
『源氏物語を執筆中の紫式部はスランプに悩み、物語を書くきっかけになった幼馴染の藤子のことを思い出していた。美しく勝気な藤子は、それぞれの才能を活かして女という不自由な立... …
2012/09/14 22:02 Spare Time
超訳百人一首 うた恋い。「第11話 香子と藤子 紫式部」/ブログのエントリ
超訳百人一首 うた恋い。「第11話 香子と藤子 紫式部」に関するブログのエントリページです。 …
2012/09/14 20:50 anilog
超訳百人一首 うた恋い。 第11話「香子と藤子 紫式部」
「やっと見つけた  私が源氏の物語で書くべき事 書きたい事」 物語の続きが書けずに スランプに陥っていた紫式部 幼い頃に藤子と交わした約束    【第11話 あらすじ】 源氏物... …
2012/09/14 20:37 WONDER TIME