日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ(その他) › LUPIN the Third 峰不二子という女 #11
2012-09-10 (Mon) 10:50

LUPIN the Third 峰不二子という女 #11

オスカーの過去と最期が描かれました。

少年時代、オスカーは極貧生活を送っていたようです。わずか1フランのお金をめぐって、貧しい少年同士で争う泥沼のような生活。そこからオスカーを救い出してくれたのが、銭形警部だったのでした。そんな銭形警部をオスカーは慕い、それはいつしか愛情へと変わっていきました。そこに現れたのが峰不二子。彼女の存在が、オスカーを狂気に駆り立てるのでした。

このところ警察を騒がせているのは、峰不二子による犯行でした。ルパンのように予告状を送りつけた上で、警察の目の前で獲物をさらっていくのです。この事態に、銭形警部もまたルパン担当から不二子の担当へと回されていました。しかし、銭形は今回の事件にあまり乗り気ではないようです。代わって警官隊の指揮をとったのは、オスカーでした。厳重な警備が敷かれましたが、それでも不二子は目的を達して、まんまと予告通りの品物を盗み出したのでした。

そんな不二子は、五右衛門に保護されていました。本物の不二子は、アルメイダ伯爵の影に怯えて、犯罪どころではなかったのです。それでは誰が不二子の名をかたって盗みを働いているのでしょうか!?

その答えに、ルパンも銭形も気がついていました。厳重な警備を突破した上で、現場には不二子の指紋や毛髪が残されています。これを可能にするのは、警察内部の人間の犯行しかありえません。
不二子の名をかたって、事件を起こしていたのはオスカーだったのです。全ては銭形に振り向いてもらいたい、それだけだったはずなのに・・・。

そんなオスカーに、アルメイダ伯爵の部下が接触してきました。伯爵はオスカーの犯罪に手を貸してくれました。伯爵の言葉にのせられたオスカーでしたが、そんなオスカーを正気に戻したのは銭形の言葉でした。オスカーを助けた当時、銭形は警察内部の汚職に関わっていたのです。しかし、幼いオスカーと出会ったことで、どんなにちっぽけでも守り抜かなければならないことがあることに気がついたのでした。

銭形の思いを知ったオスカーは、伯爵が仕掛けた爆弾と共に消えました。ルパンという作品では、異色のキャラだったオスカーですが、あまりにもあっけない最期でしたね。

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可