日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › 読書 › 有川 浩 › 三匹のおっさん ふたたび/有川 浩
2012-08-22 (Wed) 22:59

三匹のおっさん ふたたび/有川 浩

三匹のおっさん ふたたび先に発表された「三匹のおっさん」の続編、「三匹のおっさん ふたたび」を読み終えました。

前作は、3人のおっさんが無闇に正義の味方きどりで暴力をふるう部分があまり好きになれませんでしたが、2作目となる今作では、そういった部分が薄まってかなり読みやすい内容になっていました。

全6話が収録されていますが、第1話では清一の息子の嫁・貴子がパートに出るお話です。お嬢さん育ちだった貴子ですが、パートに出たことで少しだけ人間的に成長できたようです。第2話では、書店の万引きの話が描かれました。「あとがき」にもありましたが、本を売るということは単に商売というだけではなく、文化を育てるという一面もあるのだと気づかされるお話でした。

第3話では、3匹の1人則夫に再婚の話が持ち上がるお話でした。それを知った娘の早苗は動揺してしまい、付き合っている祐希との関係もギクシャクしてしまいます。第4話では、ゴミの不法投棄の問題が描かれました。若者のマナーもなってないですが、それ以上に常識をわきまえないお年寄りの存在が悲しいお話でした。

第5話では、商店街が中心となって、これまで中止されていたお祭りを復活させようとするお話です。重雄の息子・康生が奮闘しますが、寄付が思うように集まらず苦労することになりました。このお話では、今の生活では失われがちな地域のつながりについて考えさせられました。
最後の第6話では、なんと偽3匹のおっさんが登場します。偽とはいっても悪いことをしているわけではなく、本物と同じく町内の見回りをしているのですが、態度が横柄でかなり危なっかしい3人組です。

そして巻末には、「植物図鑑」の日下部の幼い頃が描かれるエピソードが収録されていました。どこか「三匹のおっさん」とつながりがあったのかもしれませんが、私にはどこがつながっているのか、さっぱりわかりませんでした。どうしてここに収録されたのかわかりませんが、余計な付け足しだったような気がしました。

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可

Trackback


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
(書評)三匹のおっさん ふたたび
著者:有川浩 三匹のおっさん ふたたび(2012/03/28)有川 浩商品詳細を見る 剣道の達人・キヨ。柔道の達人・シゲ。機械いじりでは超一流のノリ。3人が帰ってきた! 悪質な万引き犯... …
2012/11/17 11:09 新・たこの感想文
小説『三匹のおっさん ふたたび』著:有川 浩
三匹のおっさん ふたたび有川 浩 文藝春秋 2012-03-28by G-Tools 『三匹のおっさん』の続編です。 三匹のおっさんの周りは相変わらず騒動ばかり; 今回は3人だけ出なく、その周りの家族... …
2012/08/23 09:03 ジャスタウェイの日記☆