日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › その他 › 映画・テレビ › 映画プリキュアオールスターズ NewStage みらいのともだち
2012-07-24 (Tue) 19:18

映画プリキュアオールスターズ NewStage みらいのともだち

映画プリキュアオールスターズ NewStage みらいのともだち 特装版 【Blu-ray】DVDレンタルが始まった、「映画プリキュアオールスターズ NewStage みらいのともだち」を視聴しました。

この作品も一応、今までの歴代プリキュアが登場するというオールスター形式です。でも、これまで映画になったオールスターズとは違い、基本的に変身シーンがあったりしゃべるのは、フレッシュプリキュア以降という、ちょっと変則的な形でのオールスターでした。

さらにお話のメインとなるのは、これまでに登場したプリキュアたちではなく、映画のヒロイン・坂上あゆみちゃんです。彼女は偶然、分裂したフュージョンを助けました。横浜に引っ越してきたばかりで友達もなく、寂しい思いをしていたあゆみは、フュージョンにフーちゃんという名前をつけて仲良くなったのでした。
しかし、あゆみの願いをかなえたいと思うフーちゃんは、あゆみがふともらした学校やこの町が消えてしまえばいいという願いを果たそうと、分裂したパーツを集めて街を消そうとしてしまいます。そんなあゆみを励まして、フーちゃんを止めさせようとするのが、スマイルプリキュアのみゆきやスイートプリキュアの響たちだったのでした。

集結したフュージョンの細胞は、プリキュアが技を放つと、その力を吸収してさらに力を得てしまいます。どんどん強くなるフュージョンをプリキュアチームは止めることができるのでしょうか。そして、フーちゃんに悪いことをさせたくないという強い思いから、ついにあゆみもキュアエコーへと変身するのでした。
熱いハートを持っている女の子は、誰でもプリキュアになれる。このメッセージは、へたな少年向けアニメより面白くて燃えるものでした!

オールスター形式なのに、今ひとつ活躍しなかったり、変身シーンがないプリキュアがいて、少し残念な部分もありましたが、映画独自のヒロインを立てたことで、これまでのオールスターズではできなかった感動が生み出されていて、とてもよかったです。

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可