日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › 氷菓 › 氷菓 #3
2012-05-12 (Sat) 19:05

氷菓 #3

えるに喫茶店に呼び出された奉太郎は、えるの一身上の都合を聞かされるのでした。

日曜日に奉太郎は、えるから電話をもらって喫茶店に呼び出されました。告白でもされるのかと思いきや、えるは奉太郎にとある相談を持ちかけたのでした。それは、えるの失われた記憶を取り戻して欲しいというものでした。
えるには、関谷という叔父さんがいました。幼い頃、えるはその叔父さんと仲良しでした。ところが、ある日えるは伯父の家で何かを目にて質問しました。その答えを聞いて、えるは泣き出してしまったのでした。それなのに、普段は優しい叔父は、えるを慰めてもくれません。いったいえるは、過去にどんな叔父のどんな出来事を知ってしまったのでしょうか!?

その謎は、えるにとってずっと心に残っていました。神山高校に入学したえるは、だから叔父が在籍していたという古典部に入部したのです。その叔父は、数年前に行方不明になって消息不明です。もうすぐ失踪してから7年になり、死亡が認定されて葬儀も行われるそうです。その前に、えるはどうしても真実を突き止めたかったのでした。

最初は、自分だけの力でえるは謎を解き明かそうとしました。しかし、えるにはその力はありませんでした。そんな時、古典部で奉太郎と出会ったのです。この人なら自分の抱えている問題の答えを出してくれるのではないか、そう思ってえるは奉太郎に相談してきたのでした。

そして学校は中間試験を迎えました。さすがにその間は、部活もお休みです。試験が終わった頃、奉太郎の元に姉から手紙が届きました。その手紙には、行方知れずになっている古典部の文集のありかが書かれていたのでした。
それは薬品金庫の中でした。しかし、現在の部室の地学準備室には、金庫はありません。少し調べた奉太郎は、古典部の部室が数年前に生物準備室から移動されたことを知ったのでした。

そこで、奉太郎とえる、そして摩耶花は生物準備室を訪れました。しかし、その部屋は鍵が閉ざされていました。
何度かノックすると、中から上級生が出てきました。その3年生は、遠垣内というこの地方では教育関係でそれなりに知られた家柄の者でした。

えるは、事情を話して生物準備室にあるはずの文集を探させて欲しいと頼みます。しかし、遠垣内はえるたちを部室にいれたがりません。ようやく部室に入ると、そこは窓が開け放たれていました。しかし、目に見える範囲には、金庫らしきものは見つかりません。えるは、詳しく部室を調べさせて欲しいと頼みますが、遠垣内は部室を荒らされたくないと怒り出してしまいました。

そんな遠垣内に、奉太郎はもし古典部の文集が見つかったら地学準備室に置いておいて欲しいと頼みました。そして奉太郎たちが時間を潰して部室に戻ると、なんとそこには文集が置かれていたのでした。奉太郎は、推理によって遠垣内の状況を見抜いていました。そして、彼が文集を持ってきてくれることを確信していたのでした。

こうして、ようやく奉太郎たちは文集を手に入れることができました。それを見ていたえるは、文集の第2号を見て顔色を変えました。えるが今手にしている文集、それこそが幼い日にえるが手にしたものだったからです。
それによると、2号が発行された前年にえるの叔父・関谷の身に何かが起きたようです。奉太郎たちは、前年の文集・創刊号を探しますが、なぜかそれはバックナンバーの中にはありませんでした。
どうして1号だけ、文集のバックナンバーが残されていなかったのでしょうか!?

今回は、妙なエフェクトも少なくて、丁寧に作られた推理作品として楽しむことができました。これからもこういう路線で作ってくれれば、拒否反応を感じることはないのになあと思いました。

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可

Trackback


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
2012年02クール 新作アニメ 氷果 第03話 雑感
[氷果] ブログ村キーワード 氷菓 第03話 「事情ある古典部の末裔」 #kotenbu2012 #ep03 京都アニメーションの渾身の作品。原作は、米澤 穂信氏。青春ミステリーということでどんな …
2012/05/14 08:05 妖精帝國 臣民コンソーシアム
『氷菓』 第3話 観ました
ちょっと感想をアップするのが遅れました… 今回、アバンが長めでOP無し。 その代わり、えるちゃんから愛の告白がされるのではとドキドキしている奉太郎の気持ちの代弁として時計... …
2012/05/13 20:44 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋
氷菓 #3
【事情ある古典部の末裔】 氷菓 限定版 第1巻 [DVD]出演:中村悠一角川書店(2012-06-29)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る すこんぶ?古典部?  …
2012/05/13 16:57 桜詩〜SAKURAUTA〜
氷菓「第3話 事情ある古典部の末裔」/ブログのエントリ
氷菓「第3話 事情ある古典部の末裔」に関するブログのエントリページです。 …
2012/05/13 04:50 anilog
氷菓 第3話 事情ある古典部の末裔
思わせぶりな態度のえるですが、告白というのは自身の問題でお願い出来る筋合いの事ではないが、まずは話だけでも聞いてくれというもの。 当然のように、愛の告白などではな ... …
2012/05/12 23:24 ゲーム漬け
氷菓 第3話
「事情ある古典部の末裔」 全ては歴史的遠近法の彼方で古典になっていく… =時効… 奉太郎のえるへの励まし方がよいですね えるの告白…  彼女の諸事情… 古典部絡 …
2012/05/12 21:39 あ゛ぁやっちゃったなぁ… ぉぃ… な毎日w
氷菓 第3話 「事情ある古典部の末裔」
 折木に愛の告白でなく、頼みを聞いいて欲しいと訴える千反田える。 あの眼力でこの台詞を言われたら、折木は断れませんね。 と思っていたら省エネ主義の折木は、なかなか同意 …
2012/05/12 21:32 北十字星
『氷菓』#3「事情ある古典部の末裔」
「私がその伯父から何を聞いたのか、 思い出させて欲しいんです!」 奉太郎を呼び出した千反田は、告白… ではなく頼みごとがあると話を切り出す。 それは彼女が幼い頃に懐いて …
2012/05/12 21:15 ジャスタウェイの日記☆
氷菓 第3話 「事情ある古典部の末裔」
 きっと十年後、この毎日のことを惜しまない。 …
2012/05/12 20:40 つれづれ
氷菓 第三話「事情ある古典部の末裔」
氷菓 第三話「事情ある古典部の末裔」です。 はいはい、今週も待っていました『氷菓 …
2012/05/12 20:30 藍麦のああなんだかなぁ
氷菓 第3話「事情ある古典部の末裔」
この週末に『愚者のエンドロール』『クドリャフカの順番』『遠まわりする雛』『ふたりの距離の概算』と徹夜で一気読みして未だフラフラ気味という情けない管理人です、おばんどすぅ... …
2012/05/12 20:01 ボヘミアンな京都住まい
「氷菓」第3話
文集、発見… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201205070001/ 氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray] 角川書店 2012-06-29 売り上げランキング : 73 Amazonで詳し... …
2012/05/12 19:43 日々“是”精進! ver.A
氷菓 第3話「事情ある古典部の末裔」
氷菓の第3話を見ました 第3話 事情ある古典部の末裔 日曜に寝ていた奉太郎はえるからの電話で起こされて呼び出され、頼みがあると言われる。 「頼み?」 「はい。本当ならこ... …
2012/05/12 19:41 MAGI☆の日記