日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


奇面館の殺人 (講談社ノベルス)綾辻行人さんの館シリーズ第9弾、「奇面館の殺人」を読み終えました。

探偵役の作家・鹿谷門実は、自分とそっくりな作家・日向京助と出会いました。しばらくして鹿谷は、日向からあるお願いをされました。それは、自分の代わりに奇面館と呼ばれる屋敷で行われる集まりに参加して欲しいと言うのです。
その屋敷は、鹿谷にとって因縁の深い、中村青司が建築したものでした。好奇心に誘われて、鹿谷はその申し出を受けました。そして彼は、奇面館へと向かったのでした。

そこは東京の郊外にある屋敷でした。その屋敷の主人・影山逸史は、館に招いた6人の男性に奇妙な要求をしました。屋敷で自分と対面する時には、全員が用意された仮面をかぶって欲しいというのです。
全員がそれを聞き入れて、集まりは予定通りに行われました。しかしその夜、主人の影山逸史が屋敷の奥まった部屋で殺害されてしまったのでした。おまけに、招待客全員が朝には仮面をかぶらされて、それを脱ぐことができなくなっていました。折しも、前日から続いている吹雪のために、客人たちは屋敷から一歩も出ることができません。その上、屋敷の電話は全て破壊されて、外部との連絡も取れません。果たして奇面館で何が起こったのか。その謎を鹿谷が解き明かします。

今回は館シリーズの中では、比較的コンパクトな作品でした。主要な登場人物が全員仮面をかぶって登場するという趣向は、かなり面白いと思いました。でも推理小説としては、ちょっと物足りないような感じがしました。
これまでの館シリーズを読んできた読者なら、どんな事件が起きたのか何となく想像できてしまうところがあったからです。そして、最後の種明かしはちょっと強引すぎる気がしました。
というわけで、期待が大きすぎたせいもあるかもしれませんが、館シリーズとしては今ひとつな感じでした。

この館シリーズは、全10巻が予定されています。ということは、次に発表される新作でシリーズが完結ということになります。最後に登場するのは、どんな館になるのか。今から楽しみです。
個人的には、「暗黒館の殺人」くらいのボリュームがあるものを期待しています。

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/7165-7c44035c

『奇面館の殺人』 綾辻 行人 著
 奇面館主人・影山逸史に招かれた六人の男たち。館に伝わる奇妙な仮面で全員が“顔”を隠すなか、妖しく揺らめく“もう一人の自分”の影…。  季節外れの吹雪で館が孤立したと

2012.11.20 02:10 | Anthony's CAFE 

『奇面館の殺人』 著:綾辻行人
奇面館主人・影山逸史に招かれた六人の男たち。館に伝わる奇妙な仮面で全員が “顔”を隠すなか、妖しく揺らめく<もう一人の自分(ドッペルゲンガー)>の 影……。季節外れの吹雪で館が孤立したとき、<奇面の間>に転がった凄惨な 死体は何を語る? 前代未聞の異様...

2012.02.26 09:13 | 眠り猫の憂鬱

「奇面館の殺人」 綾辻 行人
館シリーズ第9弾「奇面館の殺人」読了しました。 前作「暗黒館の殺人」のような怪奇幻想的な本格推理小説を想像していたのですが、「奇面館の殺人」は、怪奇的な要素は少なく(それでも日常を逸脱した場の設定は存在します)ミステリの「お遊び」をふんだんに盛り込ん?...

2012.02.25 10:26 | 日々の書付