日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › 読書 › 大藪 春彦 › アスファルトの虎 Part1/大藪春彦
2005-11-07 (Mon) 15:40

アスファルトの虎 Part1/大藪春彦

自分の野望達成のためには、手段を選ばない主人公というのが新鮮でした。

主人公の高見沢優は、マッチョマンでジゴロでレーサーで武器の扱いにも精通しているというスーパーマンです。ヒーローというのは、これくらいでなくちゃいけないのかも。
何でもありな主人公に不快感を感じるかと思いましたが、大きな目的のためには目の前の小さな屈辱は堪え忍ぶところもきちんと描写されていて、そこまで自分の夢の実現に精力を傾けられる主人公に共感できました。

私はレースのことも、武器のことも情事のことも(笑)通じていませんが、さまざまなデータを並べて示されると何だかわかったような気になれるから不思議です。その中でも高見沢が一番情熱を燃やしているレースについてが、一番楽しく読むことが出来ました。

さまざまなトラブルをかいくぐり、最後にトリックサスペンションという不正を行いながらも勝利をつかむ高見沢は凄いなあと思いました。
このシリーズは、まだ続いているみたいなので先を読むのが楽しみです。

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可