日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › 読書 › 松岡 圭祐 › 万能鑑定士Qの事件簿XI/松岡 圭祐
2012-02-11 (Sat) 00:37

万能鑑定士Qの事件簿XI/松岡 圭祐

万能鑑定士Qの事件簿 XI (角川文庫)松岡圭祐さんの「万能鑑定士Qの事件簿」シリーズ第11巻を読み終えました。

今回は京都を舞台としたお話でした。時は5年前までさかのぼります。東京でイタリアンレストランの経営に成功した水無施瞬は、貧乏寺である実家の音隠寺へと帰ってきました。そこで彼は、この寺を京都でも有名なお寺の1つにしてみせると宣言しました。そして、それを実践した瞬は、音隠寺を京都でも有名な観光スポットへと変えたのでした。

その手法は、百発百中で当たる祈願文にありました。何ヶ月も前に祈願箱の中に納められた文書には、将来の内閣の一覧や芸能人の結婚予定が書かれていました。それが、ことごとく的中したことで、音隠寺はマスコミにも大々的に取り上げられるお寺となったのでした。

別の事件の鑑定で京都へやって来ていた莉子は、小笠原と共にこの音隠寺の住職・水無施瞬と関わることになりました。ところが、この水無施瞬はなんと莉子と同じく、瀬戸内陸の弟子だったのでした。こうして、瀬戸内陸の弟子である2人が知能戦を繰り広げることになりました。

瞬は祈願箱によるトリックは、長くは続かないことを読んでいました。そこで彼は、それに代わる寺の名物が必要だと考えました。その候補に挙がったのは、安倍晴明が使っていたとされる式盤でした。今はどこかに隠されているというその式盤を手に入れることができれば、寺は今後も安泰です。
式盤のありかを巡って、莉子と瞬は知恵と知恵で争うのでした。

今回は、莉子と同じく瀬戸内陸の弟子だった瞬との戦いというシチュエーションが面白かったです。莉子と同じ思考方法を持っている瞬に、莉子は勝つことができるのか。それが最大の見所でした。
そして、もう1つの見所はさりげなく進行している莉子と小笠原の関係でした。

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可

Trackback


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
万能鑑定士Qの事件簿11
 あらゆるものの真贋を見分ける、美人鑑定士、凛田莉子が活躍する、人の死なないミステリーと銘打った、「万能鑑定士Q」(松岡圭祐:角川文庫)シリーズのうち、これは「事 ... …
2014/03/07 19:15 本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館]
松岡圭祐 「万能鑑定士Qの事件簿 11」
kJUGEMテーマ:読書感想文      ◆万能鑑定士Qの事件簿シリーズ   音隠寺の謎に迫る凜田莉子と小笠原。しかし、相手は莉子の師匠だった    瀬戸内陸の教えを受け継いだ者。莉子と小笠原の恋の行... …
2012/04/08 22:17 こみち