日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › 読書 › 国内推理 › 緋友禅/北森 鴻
2012-02-05 (Sun) 23:44

緋友禅/北森 鴻

緋友禅 (文春文庫―旗師・冬狐堂 (き21-4))北森鴻さんの旗師・冬狐堂シリーズ第3弾、「緋友禅」を読み終えました。

前二作は長編でしたが、このシリーズの3作目は短編3本、中編1本からなる作品集でした。
「陶鬼」では萩焼、「『永久笑み』の少女」では埴輪、「緋友禅」ではタペストリー、「奇縁円空」では円空仏が扱われています。例によって、冬狐堂は古物に関わるだけでなく、事件に巻き込まれてしまいます。その謎解きも楽しいですが、それ以上にその過程で語られる古物の蘊蓄が楽しかったです。

短中編集ということで、前二作よりは読みやすかったですが、物語の奥行きという点では、やはり長編の方が味わいがあるなあと思いました。その分、この本では1作1作に技巧が凝らされているような気がしました。

最終更新日 : 2016-04-22

Comment







管理者にだけ表示を許可