日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › その他 › 映画・テレビ › 劇場版 名探偵コナン 沈黙の15分
2011-11-23 (Wed) 15:43

劇場版 名探偵コナン 沈黙の15分

劇場版 名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター) スペシャル・エディション(初回限定盤) [DVD]いつもは映画館まで観に行くのですが、今年は都合が悪くてどうしても出かけられず、DVDで初鑑賞することになりました。

都営地下鉄線の開通した日、都知事に脅迫状が届きました。犯人は都知事が乗った地下鉄をトンネル内で爆破しようとしたのです。しかし、その時偶然トンネルに居合わせたコナンの活躍で、大惨事は避けられたのでした。犯人は何の目的で都知事を狙ったのか。
その答えを求めて、コナンたちは都知事が国土交通大臣をしていた時に建設した新潟県の北ノ沢村へと出かけたのでした。そこでコナンたちは、8年前に起きた事件を知りました。全ての鍵は、そこにあったのでした。

いつもは舞台設定が派手な劇場版コナンですが、今回は雪国の小さな村が舞台ということもあって、劇場版というよりテレビスペシャルみたいな感じでした。今回の映画では、毛利小五郎が活躍するかと期待しましたが、声が小山さんに代わって以来、物語の便利に進めるための脇役という感じになってしまいましたね。

今回は、コナンと灰原と共に少年探偵団が大活躍しました。お話の途中で、珍しく元太と光彦がケンカしてしまいましたが、そこでコナンが言ったセリフがなかなか深かったです。

そして劇場版ではいつもそうですが、コナン君無茶しすぎです。(^^;
最初のトンネル爆破事故を防ごうとした時といい、ダムの爆破を防ごうとした時といい、命がいくつあっても足りないような無謀な行動ばかりです。こんな調子で活躍していると、新一に戻る前にコナンのまま命を落としてしまうんじゃないかと心配になりました。

サブタイトルの沈黙の15分の意味は、途中で明かされました。お話の展開からして、ピンチになるのは蘭の方かと思ったのですが、危機に陥るのはコナンの方でした。このクライマックスでの蘭役・山崎和佳奈さんの演技は気合いが入っていてとてもよかったです。蘭の優しさとか深い思いが伝わってきて、思わずほろっとなりました。

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可