日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › 読書 › 小池 龍之介 › 3・11後の世界の心の守り方/小池 龍之介
2011-08-22 (Mon) 22:25

3・11後の世界の心の守り方/小池 龍之介

3.11後の世界の心の守り方小池龍之介さんの「3・11後の世界の心の守り方」を読み終えました。

東日本大震災という事態を踏まえて、今だからこそあえて考え直そうという提言を小池さんがされています。
この本を読んで思い知らされましたが、あの大惨事が自分の中では風化しかけている事実に気がつきました。震災直後こそ、自分にできることは何なのかと自分に問いかけることも多かったのに、今では被災者の方のことより自分の日常に振り回されています。のど元すぎれば・・・ではありませんが、人の心は簡単に移ろってしまうものだと反省しました。

この本の中では、他の著書でも小池さんが言われているように、快感を最大化する生き方への疑問が語られています。IT、インターネットは確かに便利な物ですが、その反面そこから得られる情報に踊らされることも多くなっているという指摘には、どきりとさせられます。
私自身が、こうしてブログを更新しているのも、肥大化する快感を求める気持ちの延長なのではないと言えるでしょうか。どんな風に情報と付き合うか、もう一度きちんと考えなくてはと思いました。

今回の著書で一番共感したのは、もう経済的にNo.1を目指す生き方。快感をたくさん得ようとする生き方はやめよう、という提案でした。個人的にも、今の日本が生きにくい、幸せな人が少ないのは、この政策が原因だと思っていたので、これには大賛成です。
経済的には、10位や20位でもいいから、そこで暮らしている人が幸せに生きられる社会。これからの日本が目指すべき方向は、そんな社会ではないかと思えました。

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可