時々の記録

コンピュータとアニメ感想etc.のブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › へうげもの › へうげもの #17
2011-08-01 (Mon) 21:48

へうげもの #17

秀吉が朝廷から関白の位を賜ることになりました。そして左介もまた、位を賜ることになるのでした。

家康との和睦を成功させた左介は、約束通り秀吉から名物「初花」を借りることができました。それを千宗易たちに披露した左介でしたが、左介が作り上げた茶室「渋庵」は、宗易の作った茶室の真似にすぎないと指摘されてしまうのでした。よいものを単に真似するだけでなく、そこに独自性も必要とは数奇者の道もなかなか厳しいですね。

そして関白となった秀吉の元を訪れた左介は、秀吉から位を授かることになりました。そこで左介が選んだのは、以前に耳にしたオリーブという言葉を連想させる「織部」という位だったのでした。そしてこの時より、左介は古田左介ではなくなり、古田織部となったのでした。

そうして新たな領地をたまわった織部は、これまで以上に数奇者道を邁進することになりました。そんな織部の元に、上田という男が現れました。上田は、以前に織部が信長の弔い合戦の時に作った旗に魅了されていました。織部に付き合った上田は、織部と共に美濃を訪れ数奇者としての織部を目の当たりにするのでした。

最終更新日 : 2022-10-30

Comment