日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › へうげもの › へうげもの #15
2011-07-18 (Mon) 12:59

へうげもの #15

明智が倒されて、時代は新しい方向へと動き始めました。

明智の手によって白く塗り替えられた安土城、それを宗易は天守閣を焼くように進言しました。それが受け入れられて、安土城の天守閣は焼かれたのでした。宗易は明智の美意識を認めつつも、最終的に世に残るのは自分の美意識の方だと確信しているようです。

その頃、信長殺害の真相を知る左介は秀吉の元を訪れました。真相を知る弥助を引き取りたいと申し出た左介に、秀吉は自分から信長を殺したことを打ち明けたのでした。それを知らされてなお、左介は秀吉に仕えることを受け入れるのでした。

そして宗易に左介は茶の席に招かれました。しかし、それはとても狭くて小さな小屋のようなところでした。しかし、そこには宗易が目指した美意識が凝縮されていたのでした。その美意識を宗易は、"渋い"と表しました。
宗易の美意識を理解した左介は、これまでの華美な数奇者から、シンプルな中に味わいのあるものを愛する数奇者へと変わっていったのでした。

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可