日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › 読書 › 海外文学 › 緑のハインリヒ(1)/ゴットフリート・ケラー
2011-05-25 (Wed) 12:32

緑のハインリヒ(1)/ゴットフリート・ケラー

ゴットフリート・ケラーの「緑のハインリヒ(1)」を読み終えました。ケラーという作家は、これまで全く知らなかったのですが、ヘッセが「緑のハインリヒ」を愛読していたと知って興味を持ちました。

主人公のハインリヒは、幼くして父親を亡くし、母と2人で暮らしています。父親の残した緑色の服を仕立て直して、いつも着ていることから、彼は友人たちから「緑のハインリヒ」というあだ名で呼ばれるようになったのでした。

この第1巻では、幼いハインリヒの成長する様子が描かれます。学校に通うようになったハインリッヒは、そこでさまざまな経験をすることになりました。普段は落ち着いた少年のハインリヒなのですが、何かの拍子にたがが外れると、無分別な行動をしてしまうことがあります。父親から受け継いだ銀貨を、勝手に持ち出して使い込んでしまったり、気安く友達に借金することになってしまったり・・・。

その中でも最大の事件が、ハインリヒの運命を大きく動かすことになりました。学校の中で嫌われている先生がいて、ハインリヒたちはその先生の授業を妨害しました。しかし、彼らはそれだけでは飽き足りず、とうとう先生の自宅まで集団で乗り込んでしまったのでした。

学校はこの出来事を重く見て、生徒たちの集団に国歌を歌うようにそそのかし、先生の家に乗り込んだ生徒から裏切り者が出ないように見張っていたハインリヒを事件の首謀者と決めつけました。その結果、事件の原因となった先生は退職、ハインリヒは放校を言い渡されたのでした。

居場所がなくなったハインリヒは、田舎で暮らしている元牧師の親戚のところに預けられました。そこでハインリヒは、画家になりたいという夢を抱くのでした。しかし、きちんと絵を描くことを習ったことのないハインリヒにとって、画家への道は険しそうです。

ということで、第1巻はハインリヒが夢を見つけ出すところで終わりました。物語の最後では、ハインリヒが異性に淡い気持ちを抱く様子も描かれました。こんなハインリヒが、この先どんな運命をたどるのでしょうか!?

最終更新日 : 2016-04-22

管理人のみ閲覧できます * by -

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-07-17-18:36  [ 返信 * 編集 ]