時々の記録

コンピュータとアニメ感想etc.のブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › へうげもの › へうげもの #2
2011-04-15 (Fri) 11:13

へうげもの #2

左介が千宗易と出会うお話でした。

毛利攻めに備えて、信長は巨大な船を作り上げました。その船を批判した商人を、あっさりと信長は斬って捨てました。誰もが信長におびえる中、意見を求められた千宗易は、足りないところがあると言い出しました。船体の色を黒くした方が見栄えがするというのです。信長はさっそくその意見を取り入れて、船を黒く塗るように指示したのでした。
これが左介と千宗易の出会いでした。

しばらくは戦もなく、左介は妻のおせんと共に平和な時を満喫していました。そこへおせんの兄であり、義理の兄になる中川清秀が訪れました。生粋の武人である中川に、左介はお茶を振る舞うのでした。
そんな中、中川の主君である荒木村重が反乱を起こしました。信長に命じられた左介は、義兄である中川を説得するために彼が立てこもる城まで出向きました。

中川の前に、左介は白い甲冑で現れました。あくまで武人としての信念を貫き通そうとする中川に、それならば自分も武人としての信念を通して、妻のおせんを斬ると左介は迫りました。この場でおせんを斬れば、もちろん左介とて無事ではすみません。この場で斬られることを覚悟しての白い甲冑だったのでした。

そんな左介の迫力に、中川は折れました。その結果、荒木は追い詰められることになったのでした。そして左介も、荒木を追います。荒木の行動を見抜いて追い詰めた左介でしたが、荒木の持ち物の中に貴重な茶碗を見つけた時、目の色が変わってしまいました。荒木は、自分を見逃せばその茶碗を左介に譲ると言います。迷いに迷った左介でしたが、数寄者としての本性には逆らえず、荒木を逃がしてしまったのでした。

しばらくして、左介は千の茶室に招かれました。そこで左介は衝撃を味わうことになりました。千の茶室は、1つの宇宙として完結していたのでした。この2人の出会いにより、これから物語がどう動くのか楽しみです。

最終更新日 : 2022-10-30

Comment