日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


何となく見続けてしまったこの作品も、いよいよ最終回です。

聖骸を狙うノヴァを防ぐために、サテラたちはノヴァに操られたパンドラと戦っています。キャシーの攻撃を受けて、サテラは絶体絶命のピンチです。それを救ったのは、なんとガネッサでした。ガネッサは自分の身を盾にして、サテラを守ったのです。おかげでサテラは救われましたが、ガネッサは絶命・・・。

ガネッサに守られたサテラは、自らの意志で聖痕を活性化させました。ノヴァのような力を引き出したサテラは、キャシーのクワロトアクセルさえも防ぎました。そして、ついにキャシーの暴走を止めたのでした。そのままキャシーの命を奪おうとするサテラを、カズヤが必死に止めました。そんなカズヤの言葉に、ようやくサテラは自分を取り戻したのでした。

ここで絶命したかと思ったガネッサが息を吹き返しました。これは本当によかったなあと思いました。(/_;)
そして聖骸に向かったもう1人のパンドラは、生徒会長たちが食い止めました。これで戦いは終わりかと思いきや、なんとノヴァ本体がレベンスボルン・ヌクレオチド内部へと転移してきたのでした。

その上ノヴァは、サテラをノヴァ化させて行く手を阻もうとするパンドラたちを足止めします。このまま聖骸を奪われるのかと思いきや、サテラの心の声がカズヤに届きました。そしてカズヤはパンドラに操られるサテラを呼び戻したのでした。

聖骸を狙ったノヴァは、あと少しというところでパンドラに倒されたのでした。こうしてサテラたちは聖骸を守り抜いたのでした。しかし、これで戦いが終わったわけではなく、これから本格的な戦いが始まるといった感じです。ということで、なんとなく第一部完といった感じの最終回でした。

最後まで視聴しての感想は、パンドラとノヴァの戦いという要素だけでも面白かったので、エロとグロはいらなかったような気がします。

・まだまだアニメ版は続く可能性、大。そしてカズヤにはサテラとラナがいつも一緒の展開になりそうかも。その中にヒイラギ=カホできれば加わってほしいかも。カズヤのイレンバーセットでサテライザーを含む全員が発情していたから、第2期があれば、カズヤに近づき少し自分の戦力に組み込もうとする者が現れるという小さなイベントがありそう。カズヤは唯一、パンドラと組まなくてもイレンバーセットできるフリー体質であり、あれだけ強力な力を見せつけられたら、他のパンドラも黙っていない事は確実かも。

2011.05.26 13:10 URL | オラクル #- [ 編集 ]

何となく惰性で視聴を継続してしまった作品なので、第2期があったとしても視聴しない可能性が高いかもです。(^^;

2011.05.26 14:04 URL | 横溝ルパン #- [ 編集 ]

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/6667-9f06ae0a

フリージング 第12話(終) 『Satellizer vs. Pandora』
今回はアバンがありません。でも最終回にOPやるってことは余裕あるんですね。   突然友情に目覚めたガネッサカズヤが倒れ動けるようになったキャシーの攻撃でサテライザー危機一髪。ここに飛び込んできたのが何と犬猿の仲だったガネッサ。憎悪丸出しだったのにサテラ...

2011.04.15 09:56 | こいさんの放送中アニメの感想

フリージング episode12(最終回)「Satellizer VS. Pandora」
聖骸安置室へと侵入したミレーナ=マリウスの前に立ちはだかる3年1位《不世出の怪物(モンスター)》シフォン=フェアチャイルドと3年3位《静粛の懐刀》ティシー=フェニール。リミッターはユジンとアベル。他の人の二つ名はともかく、自分で「不世出の怪物」とか名乗...

2011.04.14 21:13 | 無限回廊幻想記譚-アニメ・映画感想-

セパ開幕で順位予想&フリージング
セパ開幕で少し遅い球春の到来だが は岩隈勝利プレゼントし パ順位予想は3位以下が難しいけど 1位で内川&カブレラ入団は大きく 2位で投打とも昨年より良さそうで 3位で西岡&コバヒロ退団...

2011.04.13 18:48 | 別館ヒガシ日記

「フリージング」第12話(終)
  episode12「SatellizerVS.Pandora」(終)ノヴァ化したキャシーの放つビームに、死を覚悟したサテラ。しかしそのサテラを救ったのは、自らを盾にしたガネッサだった。自分を救い力尽きた...

2011.04.13 12:48 | 日々“是”精進!