日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › 読書 › 有川 浩 › シアター!2/有川 浩
2011-01-26 (Wed) 18:55

シアター!2/有川 浩

シアター!〈2〉 (メディアワークス文庫)有川浩さんの新刊、「シアター!2」を読み終えました。

前作で完結かと思っていたのですが、内容的にはまだ続けられそうなのにもったいないなあと思っていたら、まさかの続刊の発売でうれしかったです。前巻では、鉄血宰相こと春川司、その弟の巧、そして声優としてのキャリアがありながら劇団に飛び込んできた羽田千歳あたりが物語を動かしていましたが、今回は前回影が薄かった他のメンバーが前面に出てきました。

そこそこ売れる劇団になったシアターフラッグですが、まだまだ300万円返済への道のりは遠いようです。
そんな時、劇団の公式HPに千歳のことを批判する書き込みが投稿されるという事件が発生しました。掲示板の運営規定に従って、発言を削除したものの、陰湿な嫌がらせは何度も続いたのでした。
それが原因で、千歳はちょっとへこむことになりましたが、意外にも牧子に相談を持ちかけたのでした。

さらに、その事件が解決したかと思いきや、今度は劇団のなにわっ子・大野ゆかりにチャンスが舞い込みます。
連続ドラマの端役に出演することが決まったのです。ところが、この頃劇団は司がいなくなった時を想定して動き始めているところでした。これまで司に頼っていた部分を、団員が勉強しながら補う形になっていたのです。
しかし、急に仕事が忙しくなってしまったゆかりは、この劇団の制作業務で苦労することになるのでした。

そして、ゆかりの事件が落着したと思いきや、今度はちょっとしたことから千歳とスズがケンカすることになってしまいました。どじっ子のスズは、裏方の仕事をしてもいつも失敗ばかりで周囲に迷惑をかけています。しかし、それを千歳が庇ってくれたことでカチンときてしまったのです。そして、ついつい余計なことまで言ってしまい、スズと千歳はお互いに悩むことになるのでした。

その事件も無事解決と思ったら、今度は巧が突然家出してしまいました。
借金返済のために、より動員客数を増やしたいシアターフラッグでしたが、適当な規模の劇場がなかなか借りられません。それが返済の足を引っ張っていると思った巧は、気むずかしいことで有名な劇場をなんとか借りようとします。しかし、自分たちの芝居を支配人に批判されて、怒って契約を蹴ってしまったのでした。
それに責任を感じた巧は、みんなに合わす顔がなくて神戸まで家出することになったのでした。

しかし、そんな劇場問題も兄・司の登場で光明が見えました。ここで物語は、いったん終了となりましたが、次巻で完結の予定らしいので、どんな結末を迎えるのか楽しみです。(^^)

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可

Trackback


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
(書評)シアター!2
著者:有川浩 シアター!〈2〉 (メディアワークス文庫)(2011/01/25)有川 浩商品詳細を見る 「2年間で劇団の収益だけで300万円を返せ! できない場合は劇団を潰せ」 春川司が出した条件を達成するた... …
2011/08/12 16:13 新・たこの感想文
『シアター!〈2〉』著:有川 浩
『シアター!〈2〉』著:有川浩 / アスキーメディアワークス(2011.1.25) シアター!〈2〉 (メディアワークス文庫)有川 浩 アスキーメディアワークス 2011-01-25売り上げランキング : 471Amazonで詳しく見... …
2011/02/28 21:52 ジャスタウェイの日記☆