日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › 読書 › マンガ › アオイホノオ 1巻/島本 和彦
2010-12-14 (Tue) 18:42

アオイホノオ 1巻/島本 和彦

アオイホノオ 1 (ヤングサンデーコミックス)島本和彦さんの自伝的(?)マンガ、「アオイホノオ」1巻を読み終えました。

これまでも自分自身を主人公にしたような、「燃えよペン」などの作品がある島本さんですが、この作品では大阪芸大時代の様子が描かれています。作中で、当時の島本さんがどんな風にあだち充さんや高橋留美子さんのマンガを読んでいたかが描かれ、そのどこからわき上がってくるのかわからない自信に大笑いさせてもらいました。

この大阪芸大時代、島本さんはエヴァンゲリオンの監督・庵野秀明さんと同級生だったようです。そこで庵野さんが描いたパラパラマンガに打ちのめされる場面は、それぞれが描いたパラパラマンガのサンプルも用意されていて、とても説得力がありました。

さらに、巻末には島本さんと庵野さんの対談が収録されていました。この方たちくらいの世代が、たぶん最初のオタクと呼ばれる世代だと思いますが、宇宙戦艦ヤマトを見ての庵野さんの作品への入れ込みようは、今のオタクに通じるものがありますね。

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可