日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


氷菓 (角川スニーカー文庫)米澤穂信さんの古典部シリーズ第1弾、「氷菓」をようやく読み終えました。後の作品でも度々登場する、古典部の文集「氷菓」の名前の由来がやっとわかりました。

神山高校に入学した折木奉太郎は、その省エネ的性格から「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に」をモットーとしていました。そんな彼は、最初は部活に所属する気はありませんでしたが、姉の供恵からの手紙で脅されて、廃部寸前だった古典部に入部することになってしまいました。

その時点での古典部の部員はゼロ。奉太郎が入部しなければ、部は自然消滅のはずだったのですが、なんと部室に顔を出すと、奉太郎以外の入部希望者がいたのでした。それが神山市でも有数の名家・千反田家のお嬢様、千反田えるでした。お話の中盤まで明らかになりませんが、千反田もまた大きな目的を持って古典部に入部してきたのでした。

そんな古典部では、学内で起きる様々な謎を奉太郎が解き明かすことになりました。そうこうする間に、古典部にはいつしか奉太郎の友人の・福部里志、そして里志のことが好きな伊原摩耶花の1年生4人が部員として定着していたのでした。

今回メインとなったのは、古典部の文集「氷菓」という名前でした。その文集が「氷菓」と名付けられたのには、千反田の伯父・関谷純が関わっていたのでした。関谷は33年前に古典部に所属して、とある事件が原因で学内では英雄と祭り上げられることになりました。
いったい33年前に何が起きたのか!? 古典部の部員それぞれが資料を集めて、やがて1つの悲しい真実が明らかになったのでした。

この作品は、作者のデビュー作ということもあってか、その後の作品と比べると拙く見える部分も多いです。でも、第1作から古典部の面々のキャラがきちんと立っていたのは、とてもよかったです。他のシリーズと同様、推理物ですが、殺人など凄惨な事件は起きないので、安心して読める作品ですね。(^^)

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/6403-ba86b0d8

氷菓
 例によって、うちの子の本棚から召上げた「氷菓」(米澤穂信:角川書店)。話題の「古典部シリーズ」の第1作目となる。廃部寸前の神山高校古典部に集まった4人の1年生が ...

2014.03.08 19:15 | 本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館]