日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › 読書 › 大藪 春彦 › アスファルトの虎 Part8/大藪 春彦
2010-09-22 (Wed) 00:02

アスファルトの虎 Part8/大藪 春彦

大藪春彦さんの「アスファルトの虎」、第8巻を読み終えました。

灼熱のブラジルでは、来期のためのF1マシーンテストが続いています。燃料の混合比を変えることで、レースの規定周回数をこなすことができるようになった高見沢は、次々とマシンのテストを続けていきます。しかし、チームが持ってきたエンジンが全て壊れてしまい、高見沢たちチームの面々はブラジルから引き揚げることになったのでした。

一時、ロンドンの本拠地に帰った高見沢でしたが、すぐさま今度はカナディアン・ロッキーへの山岳猟へと出発したのでした。それまでのブラジルと違い、カナダは厳冬の最中でした。そんな中で高見沢は、レコードブレーカーの枝角を持つ獲物を求めてハンティングガイドたちと雪の中を進むのでした。
幸い高見沢は、ここでも幸運に恵まれて、レコードブックで上位に位置する獲物を手に入れることができたのでした。

そして高見沢は、今度はストーン・シープを求めて、険しいロッキー山脈へと出猟するのでした。
この巻では、高見沢たちが抜群の角を持ったシープを見つけたところでお話が終わり、実際にそのシープにアタックするのは次巻になるようです。

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可