日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


華中華 12 幽霊と泥棒店長 (ビッグコミックス)華中華の12巻を読み終わりました。

この巻では、新キャラとして島野の昔の知り合いチェーン店の銀河楼飯店の店長・有田が登場しました。
この有田、なんと他の店のメニューをパクって自分の店のメニューに加える泥棒のような男でした。へんな悪役キャラが登場したことで、作品のほのぼのとした雰囲気が壊れないか心配でしたが、そこは主人公の華ちゃんの魅力と、満点大飯店のチームワークの良さで暗い話にならなくてよかったです。

そんな有田が、陳料理長が考え出した牛肉包みチャーハンを、あたかも自分のところが元祖であるようなことを言って売り出しました。それをきっかけに、横浜中華街では牛肉包みチャーハンブームが起こったのでした。
満点大飯店の島野は、最初はそのブームに乗ることを拒否していましたが、オーナーに頼み込まれて、とうとう牛肉包みチャーハンに挑戦することになりました。

お店のみんなの協力もあって、そのチャーハンは大人気です。しかも、オーナーの奈可子が1週間だけ限定で、そのチャーハンを1,000円という原価割れ価格で販売したために、より人気が高まりました。こういった売り方は、資金力がある大手ならではですね。

有田のお店は、満点大飯店に人気をさらわれて、再び閑古鳥が鳴いています。そんな有田は、窮地を挽回するために上海店のお茶チャーハンを盗むことを思いつきました。これに華ちゃんは、どう対抗するのでしょうか!?

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/6237-37a39e22