日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › 読書 › 読書(その他) › 撃滅! 宇宙海賊の罠/高千穂 遙
2010-06-24 (Thu) 16:17

撃滅! 宇宙海賊の罠/高千穂 遙

撃滅! 宇宙海賊の罠 (クラッシャージョウ2) (ハヤカワ文庫JA)高千穂遙さんのクラッシャージョウ・シリーズ第2弾、「撃滅! 宇宙海賊の罠」を読み終えました。

アルフィンを仲間に加えたジョーたちは、新たな仕事を引き受けていました。太陽系国家の1つタラオの大統領から呼び出しを受けたジョーは、ある稀少動物の護送を依頼されました。ベラサンテラ獣と呼ばれるその獣からは、老化を抑制する物質を採取することができ、高額で取引されていたのでした。
しかし、ベラサンテラ獣の繁殖が難しく、絶滅寸前になっていました。それを回避するため、ミランデルという星に住むガムルと呼ばれる獣と交配させる計画が密かに立てられました。

しかし、貴重なベラサンテラ獣を輸送しているという噂が流れれば、宇宙海賊の格好の標的となってしまいます。それを避けるために、ジョーはアルフィンを親善大使に化けさせて、豪華客船に乗り込ませたのでした。これで海賊の目を、アルフィンの方へ引きつけようというのです。
計画は順調に進むかと思いきや、ジョーたちは予想外の困難に巻き込まれるのでした。

今回も第1弾に続いてテンポがよく、楽しく読むことができました。ただ少し不満なのは、あまりにも偶然に頼ったストーリー展開が残念でした。特にジョーとアルフィンが合流するあたりが、もう少しうまい方法はなかったのかなあと思います。

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可