日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › おおきく振りかぶって › おおきく振りかぶって #4
2010-06-05 (Sat) 22:53

おおきく振りかぶって #4

三星学園との試合が始まりました。試合開始前はびびりまくっていた三橋でしたが、試合が進むにつれて表情が変わってきました。

いよいよ三橋にとっては因縁の、三星学園との試合が始まりました。三橋は阿部の好リードに支えられて、着実に打者を打ち取っていきます。そして、初回の敵の攻撃を無得点に抑えたのでした。

守備の後には攻撃です。西浦高校は、三星学園の投手・叶の投げるフォークに手が出ません。そんな流れを変えたのは、4番の田島でした。田島は、みんなが苦戦しているフォークをあえて打って2塁打にしてみせたのです!
その実力は阿部も認めているように、田島の打撃センスはずば抜けているようですね。ただ、残念なのは小柄で長打力がないため、ホームランを打つことは難しいことです。田島の作ったチャンスを生かすためには、他のメンバーのがんばりも必要、というのがいいですね。(^^)

そして、その後も三橋は好投を続けます。そんな三橋を警戒していたのは、三星学園では投手の叶だけでした。叶だけは、三橋の癖球に気がついていて、その球を見定めようとしたために4番の織田は打ち取られてしまいました。
そんな織田に、叶は初めて自分の真情を打ち明けました。元・三星学園中等部から高等部に進学した者たちは、三橋のことをなめきっているようですが、叶だけは三橋の実力を恐れていたのです。
それを知った織田は、ようやく本気でこの試合に挑むことを決意したのでした。

今回は、びびりの三橋が、キャッチャーに助けられ、他のナインに支えられ、野球の楽しさを実感していくあたりが、とてもよく伝わってきました。こんなに気持ちよくプレイできるチームなら、三橋も安心して野球ができそうですね。(^^)

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可