日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › その他 › 音楽 › J.S. バッハ:ミサ曲 ロ短調 BWV232
2010-01-04 (Mon) 18:59

J.S. バッハ:ミサ曲 ロ短調 BWV232

J.S. バッハ:ミサ曲 ロ短調 BWV232 [Hybrid SACD/日本語解説・訳詞付] [Import]トーマス・ヘンゲルブロックの指揮したバッハの「ミサ曲 ロ短調」を聴いて以来、その美しさにはまっていました。そして、もしBCJが「ミサ曲 ロ短調」を演奏したら、とてもいい演奏になるのでは!?と思っていたら、もう既にCDが発売されていました。

冒頭のキリエの合唱を聴いた時は、ヘンゲルブロックの演奏の方が好みかなと思いましたが、聞き続けているとどんどん演奏に引き込まれていました。そして、アニュス・デイの合唱「我らに平和を与え給え」を聞いた時には、その美しさに思わずほろりとさせられました。
BCJの演奏を聴いて、これだけ感動したのはマタイを聞いて以来かもしれません!(^^)

ということで、久しぶりにバッハっていいなあ、日本にBCJがあるのは素晴らしいことだなあと思いました。このCD、普通のCDとSACDとのハイブリッド版でした。最初は家のプレーヤーで再生できるかちょっと不安でしたが、特に問題なく再生することができました。・・・しかしCDで聞いてもこれだけ感動するのに、より音質がいいSACDで聞いたらどんなことになってしまうんでしょう。(^^; でもSACD対応のプレーヤーはまだまだ値段が高くて残念。(涙)

最終更新日 : -0001-11-30

* by さいた
こんにちは~

バッハは朝のFM放送くらいしか聴く機会がないのですが、チェンバロの響きは心に染み入りますね~。

>SACD対応のプレーヤーはまだまだ値段が高くて残念

SACD対応プレーヤーは安いのもあると思うんですが、ルパンさんのシステムではそれなりの高価なプレーヤーが欲しいところですものね。クラシックはSACDが数多く発売されていますので、クラシックファンならSACDプレーヤーが必需品だったりするのかもしれませんよ~

僕のシステムはAV用なのでルパンさんのシステムみたいにCDを良い音で聴けませんが、それでもSACDと同じ超高音質のdvdオーディオで音楽を聴くと、デジタル臭さが抜けたアナログっぽい柔らかい感じの音がします。僕のシステムでも違いが解るくらいですから、ルパンさんのシステムでSACDを聴くと別世界に誘われるかもしれませんね!

* by 横溝ルパン
こんにちは。いつもお世話になります。

バッハは、ピアノとはまた違った趣があって、チェンバロ演奏もいいですよね。(^^)

SACD対応プレーヤー、安いものもあるんですね!
今使っているCDプレーヤーがmarantzの製品なので、そのHPで調べたら一番安い機種でも6万くらいして驚いたのですが、メーカーによってはもっと安いものもあるんでしょうね。
もっと安いものを探してみるか、それとも今までと同じメーカーの製品にするか、迷うところですね。

クラシックCDは、最近ものによってはハイブリッドSACDというCDが出ているようですね。
調べてみたら、手持ちのCDの中にもCDとSACD、両方のデータが収録されたものが何枚かありました。それがわかったら、ますますSACD対応プレーヤーが欲しくなってしまいました。(^^;

そういえば、SACD以外にもDVDオーディオという規格もあるんですよね。さいたさんの環境では、これが再生できるんですね。うらやましいっ!
もし家のシステムにSACDがついたら、どんな音が聞こえるんでしょうねえ。・・・なんだか久しぶりに購買意欲に火がついたような・・・。(笑)

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

こんにちは~

バッハは朝のFM放送くらいしか聴く機会がないのですが、チェンバロの響きは心に染み入りますね~。

>SACD対応のプレーヤーはまだまだ値段が高くて残念

SACD対応プレーヤーは安いのもあると思うんですが、ルパンさんのシステムではそれなりの高価なプレーヤーが欲しいところですものね。クラシックはSACDが数多く発売されていますので、クラシックファンならSACDプレーヤーが必需品だったりするのかもしれませんよ~

僕のシステムはAV用なのでルパンさんのシステムみたいにCDを良い音で聴けませんが、それでもSACDと同じ超高音質のdvdオーディオで音楽を聴くと、デジタル臭さが抜けたアナログっぽい柔らかい感じの音がします。僕のシステムでも違いが解るくらいですから、ルパンさんのシステムでSACDを聴くと別世界に誘われるかもしれませんね!
2010-01-04-19:59さいた [ 返信 * 編集 ]

こんにちは。いつもお世話になります。

バッハは、ピアノとはまた違った趣があって、チェンバロ演奏もいいですよね。(^^)

SACD対応プレーヤー、安いものもあるんですね!
今使っているCDプレーヤーがmarantzの製品なので、そのHPで調べたら一番安い機種でも6万くらいして驚いたのですが、メーカーによってはもっと安いものもあるんでしょうね。
もっと安いものを探してみるか、それとも今までと同じメーカーの製品にするか、迷うところですね。

クラシックCDは、最近ものによってはハイブリッドSACDというCDが出ているようですね。
調べてみたら、手持ちのCDの中にもCDとSACD、両方のデータが収録されたものが何枚かありました。それがわかったら、ますますSACD対応プレーヤーが欲しくなってしまいました。(^^;

そういえば、SACD以外にもDVDオーディオという規格もあるんですよね。さいたさんの環境では、これが再生できるんですね。うらやましいっ!
もし家のシステムにSACDがついたら、どんな音が聞こえるんでしょうねえ。・・・なんだか久しぶりに購買意欲に火がついたような・・・。(笑)
2010-01-04-21:25横溝ルパン [ 返信 * 編集 ]