日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › 読書 › マンガ › 華中華 10巻
2009-12-30 (Wed) 17:53

華中華 10巻

華中華(ハナ・チャイナ) 10 (ビッグコミックス)「華中華」の10巻を読み終えました。

前巻の終わりで、テレビのCM撮影に協力した華ちゃん。ところが、そのCMがテレビで放映されて好評だったことから、予想外のトラブルに巻き込まれてしまいました。幸い、お店に断りなくCMに出演したことはお咎めなしになりましたが、同じように下積みで働いている従業員は、華ちゃんだけが取り上げれられるのが面白くありません。
しかし、華ちゃんが島野からもらったチップを先輩たちにあげたおかげで、珍しくチビ太先輩たちが華ちゃんをかばってくれました。
個性的なキャラが多い、作品ですが、いっけん意地悪なキャラもどこかに優しさを持っているのがいいですね。(^^)

そして、華ちゃんの勤め先である満点大飯店にも少しずつですが変化が訪れました。経営を仕切っている元オーナーの娘・奈可子が、父親の元に相談に訪れました。それなりに経営が順調な満点大飯店ですが、何か大切なものを忘れているのではないかと奈可子は気がついたのです。
そのきっかけは、上海亭のレシピを売ってもらおうとして失敗したことにありました。そこで奈可子は、お客に愛される上海亭の姿を目の当たりにして、何か心を動かされるものがあったのでした。

そんな奈可子に、元オーナーは自分の修業時代の話をしてくれました。そして、お客様が笑顔になれるようには、従業員にも笑顔が必要だということに気がついたのでした。そこで珍しく、大入り袋が出ることになりましたが、例によって華ちゃんの分だけありません。落ち込む華ちゃんに、島野が自分はボーナスをもらえるからと、自分の大入り袋を譲ってくれたのはちょっといい話でした。(^^)

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可